スポンサードリンク



フィレンツェでVELTRAのトスカーナ満喫ワインテイスティング付きバスツアーに参加したらワインよりもアイスラテが飲みたくてしょうがない1日だったお話。

スポンサードリンク







Buongiorno! Yuka(@yuka_bkk)です。

9日間のお休みをいただき、行ってきましたヨーロッパ弾丸旅行!

イタリア(ローマ)に続いて、今回の旅行記はイタリア・フィレンツェ。

人生初、両親と一緒に過ごすヨーロッパ旅行! フィレンツェ滞在2日目の旅行記です。

よろしければ、まずこちら(フィレンツェ滞在1日目)をどうぞ♡

迷ったらここで正解!フィレンツェ中央市場(メルカート・チェントラーレ)の2階フードコートで手軽にイタリア中のお料理を楽しめますよ

2017.09.01

ちなみに「親孝行な娘が、海外慣れしてない両親を初めてのヨーロッパ旅行に連れて行ってあげました。パパママいつもありがとう」という感動エピソードは全くありません(笑)

お茶目でミーハーな父、超合理的でミーハーな母、そして、大量の荷物を持ってきてしまったミーハーな娘の珍道中です。

父が申し込んだワインテイスティング付きバスツアーに家族で参加した1日のお話です

今回の旅行の約2ヶ月前、往路(バンコク→ローマ)と復路(バルセロナ→バンコク)の航空券は購入したものの、その間のヨーロッパ滞在中、イタリア、フランス、スペインに何日ずつ滞在するか、全くプランを立てないまま、月日は流れ1ヶ月経過。

1ヶ月前にやっとスケジュールを立てたわたしを見て、父が「じゃあ、フィレンツェからのワイナリーツアー申し込んじゃうね! あ、行きたい? それともフィレンツェで留守番してる?」

「(留守番って選択肢があるの、、、?)せっかくだから行くよ。どれでもいいよ、好きなの選んで」と、テキトーに返事したわたしが悪かった。

申し込む前に、ちゃんとツアー内容を聞いておくべきでした。もしくは留守番でもよかったかも(笑)

8/15(火) フィレンツェ滞在2日目

まずは、ホテルで朝食を。

7:00AM

バスツアーのホテルピックアップが7:30AMということで、7AMちょうど、朝食会場の開場とともに入場!(入場であってます?)

品揃え豊富な朝食メニューについて、詳しくはこちらをご覧ください。

フィレンツェのホテルレビュー!四つ星ホテル『SPADAI(スパダイ)』の朝食をやたら詳しく紹介しちゃいます!

2017.09.04

7:30AM

イタリア人がどのくらい時間厳守するものか、サンプルがあまりなかったのでよくわからなかったんですけど、まあ、遅れてくるよね(笑)

ということで、ホテル前でうろうろ。ホテルまでピックアップしにきたタクシーに乗って(え?タクシー!?ってなりました笑)、サンタマリアノヴェッラ駅裏の集合場所に向かいます。

8:00AM

ツアー受付

ここは、複数のバスツアーの集合場所になっていたので、

参加ツアーごとになんとなく集まるひとたち

受付でもらった丸いシール(ツアー毎に色違い)を胸に張ってスタンバイ。待ち時間長い。アナウンスないから余計長く感じる。

やってきたのは、2階建てバス!

ローマのトラウマを思い出しつつも、やっぱり2階席選んじゃった(笑)

ローマで2階建てバスの階段から落ちてもはやこれまでかと思ったお話。

2017.08.31

8:30AM

やっと出発! トスカーナの車窓を眺めながらバスは走り抜けます!

途中、シエナのガソリンスタンドでも参加者をピックアップして、バスは走り続けます。

わたしは寝続けます。

懲りずに2階席!

まず最初の目的地はMontalcino(モンタルチーノ)!

前半はパオロタイム!

10:45AM

バスを降りたら、まずロゼワインのテイスティング。

それから醸造所内に入って実際の樽を目の前にガイド役のパオロがあれこれ蘊蓄を語ります。(過去ツアー参加者のレビューを読んだら、ここは名物おじいさんがいるらしいです。パオロはピンチヒッター?)

パオロ(左)と、スペイン語もできるツアーガイド(右)

楽しそうにロゼの説明をするパオロ

本日初のテイスティング!(ロゼを振る舞うパオロを背景に)

クイズの正解を言うパオロ

樽の説明をするパオロ

年代物のワインセラー

みんなやるよね、生まれ年のワインチェック

後半は、やっと座ってワインテイスティングタイム!

11:15AM

ああ、喉乾いた!

早いもの勝ちの自由席! 醸造所見学で最後のほうゆっくりしていて遅くなると、お友達や家族と一緒に座れなくなるというケースも!

説明書がテーブルにセッティングしてあります。今回は左から3本のテイスティング!

最初の2本は、うーん、って感じ。若い。

出ました! ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino)

お姉さんのヘソも出ます。(注:わたしのヘソではありません)

こちらが噂のブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino)

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino)とは、イタリア・トスカーナ州モンタルチーノ地区でつくられるワイン。サンジョヴェーゼの変異種ブルネッロを使用した力強い味わいが特徴だ。

(中略)

ガーネット色の外観、ベリーの香りにバニラとスパイスのニュアンスが踊るエレガントな印象が特徴的だ。

熟成に耐えうる力強さを持ち、抜栓についても、他のワインと違い、ヴィンテージであればあるほど早めに栓を抜いておかなければならない。古いワインの教科書では「飲む8時間前に抜栓すべし」と書かれたものもあるほどだ。

その味わいは世界で認められており、バローロやバルバレスコとともにイタリア3大ワインのひとつに数えられる。

-WINE BAZZAR  「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの特徴とは」より引用

だそうです。

一番左のグラスが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino)

軽食用のパンやチーズ

サラミが出てきて

宴です

ワイン購入希望者は持ち帰りもできるし、郵送もしてくれるので便利ですね。

バスに乗り込んで、トスカーナのどこかに向かいます!笑

次の目的地は、モンタルチーノの昔ながらの市街を散策!

1:15PM

モンタルチーノの街並み散策の前に、青春時代の過ちについて。

パオロの醸造所を後にしてバスに乗り込んでから約15分後。バス車内に異臭が、、、

「誰かチーズを大量購入してバスに乗り込んだの?!(チーズは販売してなかったはず) それにしては臭う。この酸っぱい感じ。華金の新宿駅のトイレでよく嗅いだことのある臭いに酷似している、、、まさか!」

なんということでしょう。

わたしのすぐ目の前の座席に乗っていた日本人女子の吐しゃ物の臭いでございました。あらま~

ご家族(父、母、娘)で参加されてたんですが、漏れ聞こえてきた会話の内容によると、お嬢さんは大学1年生(18歳)。

彼女は日本でもほとんどお酒を飲んだことがなく、お酒は弱いけど、今回はワインテイスティングだから!とパオロのところではりきってワインがぶ飲みしたそう。(ティスティングなのに、がぶ飲み!)

どうりで、パオロ以前のバス車内では静かだったのに、パオロ以後の彼女の饒舌っぷり!

ものすごいハイテンションでしゃべり続けてたので、「アルコールってすごいなあ」と三十路女子は後ろの席で感心してたんですが、やっぱりこの結末。

どのくらいがぶ飲みしたかは知りませんが、トスカーナの山道ぐねぐねしてバスが結構揺れてたから、さらに追い打ちかけられたんでしょうね。

これ以上、この件に言及すると、リアル友人たちからわたしの学生時代の黒歴史「武蔵境のイトーヨーカドー前での出来事」についてツッコまれると思うのでやめておきます。学生時代っていろいろありますよね(笑)

さて、話はモンタルチーノに戻して、、、

いいお天気!

街のシンボル!(たぶん)

ローマによくある像!

フラッグがいい感じに広がるまで待ちました

ローマのスペイン広場の目の前で食べたジェラート(9€!)以来、イタリアで2度目のジェラート!

ジェラート2€。適正価格。

トスカーナ!

遠くに広がるトスカーナの景色がすごく美しかった! けど、写真じゃ全然わかんない

何か冷たいものを、、、! ここのレストランのトイレも便座がありませんでした。

またバスに戻って、次の目的地「ピエンツァ」に向かいます。

2PMまでにバスに戻ってくるように、とガイドさんから何度も言われていたのに、ツアーメンバー数名が時間通りに戻ってこず。ガイドさんキレ気味(笑)

15分以上待たされて、やっと出発。トスカーナの山道かなりぐねぐね! これは車酔いするかも!(と言いつつ、爆睡)

建築美と自然との調和が見事な街Pienza(ピエンツァ)!

3PM

ピエンツァに到着!(と、堂々書いてますけど、ブログ書くために調べて初めて街の名前を知りました、、、当日は、全部『トスカーナのどこか』で済ませてた笑)

「絶対に集合時間に遅れないように! 絶対に!」とガイドさんから念を押されまくり、フリータイム。

いやあ、もうね、(湿気はないからカラッとしてるけど)暑いし、ちょっと酔っぱらってるし、街並み散策とかどうでもよいんですよ。(あらやだ、ついつい)

街のシンボル!(だと思う)

アイスラテが飲みたい。

すごく素敵なテラス席! 営業時間外で入れなかったのが残念!

とにかく暑い。日差しが痛くて。

アイスラテが飲みたかったけど、ホットカプチーノ

お手洗いに行って、またバスに。もうそろそろ、フィレンツェ帰ってもいいんじゃないかな?

最後の目的地! Montepulciano(モンテプルチアーノ)

4:15PM

モンタルチーノ? モンテプルチアーノ? 違うの? 一緒なの?(違う、全然違う)

正解は、モンテプルチアーノ!

ワイン醸造所まで、結構歩くんですよ

誤算!

って、事前に何も聞いてなかったし考えてもなかったので、誤算も何もないんですが(笑)

バスの停車した場所からワイン醸造所&街のメインストリートまで、長い階段あり、砂利道あり、石畳の坂道あり、何でもあり! もう、帰りたい。

こちらです!

マッパ!

ここの地下醸造所&ワインティスティングは狭いので、今回のツアー参加者全員(約60名)は全員一緒には入れませんでした。

A, B2グループに分かれて、Aグループは最初に醸造所見学&ワインテイスティング、その後フリータイム(モンテプルチアーノの市街散策)、Bグループはその逆。

我が家はAグループだったので、醸造所見学からスタートです。

ここのガイド、赤ポロシャツのマルコ(仮)

エクストラバージンオイルも作ってます

ワインショップでティステイング! だけど、、、

4:45PM

ご覧ください。

狭すぎて、ワイン醸造所のガイド マルコ(仮)も通れない!

せ、狭い!!!

やっとあちら側に行けたマルコ

飲む!

食べる!

注がれるまま、飲む!

渡されるまま、食べる!

さっきも言ったけど、狭いの!笑

隣のツアー参加者と腕がぶつかる。エルボーしまくり。

狭いけど、飲む! 食べる!

顔が入りそうなくらい大きなグラス! (それは言い過ぎ)

デザートかな。チーズに甘いジャムのせ

グラッパ飲んでフィニッシュ!

写真はないですが、これ以外にも白ワインや赤ワイン、数杯テイスティングしました!

、、、以上が、こちらのFREE TOUR UNDERGROUNDのレポです。

店外に置いてあった看板

全然この看板のような感じじゃなかったけど(笑)

併設ショップも見てみましょう

ワインしこたま飲んでほろ酔いなので、よく覚えてないですが、一応ショップも見学。

グラッパがいっぱい

試食コーナーもいっぱい

サラミもいっぱい

フリータイムなので、モンテプルチアーノの市街を散策!

もうすでにトスカーナの景色はお腹いっぱいだし(どれも一緒に見える)、アイスラテが飲めるお店もないので、ぐだぐだして、ベンチに座って集合時間になるのを待ちました。

願うことはただ一つ。

「早くホテルに帰りたい」

わちゃわちゃすぎてほっこりする

行きと同じ道を延々くだり、砂利道を越え、長い階段を下りてバスのところへ。

バスに乗車して、フィレンツェを目指します! バス車内、ツアー参加者はほぼ全員爆睡してました(笑)

フィレンツェ市内に到着! 解散!

8:15PM

こちらが端っこ、16番線ホーム。チケット不要で駅を抜けられるのが新鮮!

集合場所と同じ、サンタマリアノヴェッラ駅裏のロータリーで解散となり、駅の16番ホームを抜けてホテルに戻りました。

ディナー要る? 要らない?

10:15PM

駅からタクシーに乗ろうと思ったら、タクシー待ちがすごい行列だったので徒歩でホテルまで帰ってきました。

このときの状況を四字熟語で例えろ!と言われたら

疲労困憊

もう疲れた、、、お風呂入って寝る、、、でもお腹すいてる、、、でも、出かけるのめんどくさい、、、ああ、、、疲れた、、、、でもこのまま寝たら夜中お腹すいて起きるパターン、でも眠い、、、

よく考えたら今日はほとんど食べてない! こんなのだけ!

復習(パオロの軽食)

という日常でもよくある状態になりつつも、家族3人多数決でディナーに出かけることに決まり、なんとか着替えてホテルから一番近いレストランに入りました。

やっぱり飲む(笑)

味については割愛。

味はおいといて、ピザとパスタを食べて少しは元気になったおかげで、ちょっと足を伸ばして(と言っても、レストランから徒歩30秒ほど)夜のお散歩。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物からなる)の前の広場まで来れました。

なんだかわくわく

明日はあのクーポラに!

パフォーマーがいて、観光客いっぱい

モンタルチーノ&モンテプルチアーノ&ピエンツァ☆トスカーナでワイン三昧のバスツアー<英語ガイド/ワインテイスティング付き/フィレンツェ発>に参加した1日のお話でした。

このブログ読んで「私もこのツアー参加したい!」と思う方がいらっしゃるかどうかわかりませんが笑、一応ご紹介しておきますね♡

父が申し込んだツアーはこちらです!→VELTRA モンタルチーノ&モンテプルチアーノ&ピエンツァ☆トスカーナでワイン三昧のバスツアー<英語ガイド/ワインテイスティング付き/フィレンツェ発>

VELTRAさんのツアーは悪くありません。パオロもマルコ(仮)も一生懸命説明してくれました。ツアーガイドも親切なイケメンでした。

わたしが事前に確認しておくべきだったポイントは、ただ1つ!

所用時間(送迎含む) 12.5〜13.5時間

お昼すぎくらいにはフィレンツェに帰ってこれると思ってた〜〜〜!!!覚悟が足りておりませんでした。

フィレンツェ最終日に続きます! 明日は噂のアウトレットモールTHE MALLに潜入です!

フィレンツェのTHE MALL(アウトレットモール)でPRADAの行列に並び、GUCCI CAFEでお茶してきたお話。

2017.09.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Yuka

日本の大学を卒業後、新卒で海外就職。 単身インドネシア(ジャカルタ)に渡り、ベトナム(ホーチミン)を経て、現在はタイ(バンコク)在住。 美味しい和食と、お湯たっぷりのバスタブのある暮らし。 『日本的』な海外生活を満喫中。