スポンサードリンク



スペイン・バルセロナに2日間滞在してほぼ何も観光しなかった弾丸旅行のお話。(前編)

スポンサードリンク







Hola! Yuka(@yuka_bkk)です。

9日間のお休みをいただき、行ってきましたヨーロッパ弾丸旅行!

イタリア(ローマ、フィレンツェ)、フランス(パリ)に続く、最後の訪問地スペイン・バルセロナ!

わたしにとっての旅行とは、

旅慣れているか慣れていないかと言われたら、慣れてるほう?だからこそ、気を抜いて失敗しがち。思い立ったらすぐ行動派だけど、全然アクティブとは思ってなくて、バックパッカーやったことないけどできない気がするから、尊敬するし、友達が旅行してきた話を聞くと無性に旅に出たくなるのに、いざ自分が旅行に行くとなると、航空券ブッキングすることやプランを立てること、何もかもめんどくさくなり、旅行から帰ってくるとやっぱりおうちが一番、ずっと家で寝ていたい!って思い、旅行中はなるべくお金で解決できることはお金で解決したい、できれば綺麗なところに泊まりたいし、疲れることしたくない、、、

友人や家族からは「どうしてそんないつもアクティブで、ハードスケジュールで旅行できるの!タフなの?バカなの?笑」と言われております。自己認識とのズレ、、、

ひとり旅のときはかなり調べてプランを立てる(これもやっぱり直前)が、誰かアテンドしてくれるひと(特に現地在住者)が一緒のときは全く何も調べないでおまかせしちゃう♡という死ぬまで末っ子体質。

今回のスペイン・バルセロナでも、パリに続いて、フランス人のお友達がアテンドしてくれた旅行だったので、道中かなりはしょっております。(おまかせしすぎてどこをどう移動したのか、よくわかっていない笑)

「地球の歩き方」や「るるぶ」を買っても、下調べなしでlazyすぎるとこうなっちゃいますよ!というケースをご紹介するとともに、最後に、わたしがこの旅行で学んだ「バルセロナを楽しむために最低限守るべきポイント」をまとめます!

それだけ知りたい方は、後編の記事で目次から飛んでくださいね(笑)

スペイン・バルセロナに2日間滞在してほぼ何も観光しなかった弾丸旅行のお話。(後編)

2017.08.23

バルセロナ行ったことある?

わたしが初めての都市を旅行するとき、まず最初にやることは、過去その都市を訪問したことがある友人知人の体験談を聞くこと!(最初から他人まかせ、、、)

Yuka
バルセロナ行ったことありますか?これだけは行っておけ、とか、おすすめレストランあったら教えてください♡

わたしのお友達は、老いも若きもやたらと海外旅行しているひとが多いので、必ず出てくる体験談!ありがたい。

今回のイタリアとバルセロナに関しては、大学時代からの親友N(今年5月にハネムーンでヨーロッパ周遊してきたばかり!)のアドバイスに助けられました。Nちゃんありがとう♡

彼女のセンスの良さとリサーチ力が半端ないんです!むしろ、彼女の旅行記を執筆してほしいくらい(笑)

友人知人の体験談でなんとなーくイメージを掴んだ後は、ネットで他の方の旅行記を集中的にチェック!女子旅ものを中心に、ここ数年以内の旅行記ブログを集中して読みます。

補足

スペイン旅行記に限らず、マミコ@旅好きさんの旅行記が大好きです!マミコさんおもしろすぎます!よろしかったらぜひ読んでみてください!(勝手に宣伝)

『人生の笑旅キロク帳』
旅行と写真が大好き!世界一周を夢見るOLのブログ

スペイン旅行記プロローグ~出発前に絶体絶命の危機~

あとは、定番ですが『るるぶ』購入しますね。買っただけで満足して読まないことが多いですが(笑)

スペイン・バルセロナ旅のスケジュールはこちら

バルセロナ滞在は約2日間。

スペイン・バルセロナ旅のスケジュールはこちら。

8/18(金)21:00パリ発AIR FRANCEでバルセロナへ。22:50バルセロナ到着。空港からAero Busで市内へ。Airbnbチェックイン。

8/19( 土)バルセロナ市内観光。サクラダファミリアの入場チケット(エレベーター付き)は事前にオンライン予約済。

8/20(日)バルセロナ市内観光。23:10発のQATAR AIRLINESでバンコクへ。

みなさまご存知のように、2017年8月17日(木)にバルセロナの観光地ランブラス通りでテロ事件が発生し、多くの犠牲者が出ました。

このテロ攻撃事件にて亡くなられた方々のご冥福と、被害に遭われました皆様の一日も早いご回復をお祈りいたします。

わたしたちはパリに滞在していたのですが、パリ滞在中あまりネットに繋げておらず、このテロ事件もカフェでお茶しながら偶然wifiを繋げたときに、Airbnbからの一斉送信メールから知りました。

LINEもチェックできてなかったので、わたしがバルセロナに行くことを知っていた日本や他国の友人知人を心配させてしまったようです。

テロ直後、この時期にわざわざバルセロナに行くのは危険なんじゃないか、とも考えましたし、両親や友人たちからもバルセロナ行きを心配されたのですが、フランス男の「テロ直後で警備が厳しくなっているから逆に大丈夫だよ!行こう!」という意見と、Airbnbのホストからも「もうバルセロナの街は平穏を取り戻してるみたいだから心配ないわよ、せっかくだから美しい街を見に来てね」というメッセージをもらったこともあり、予定通りパリからバルセロナに飛びました。

8/18(金)バルセロナ移動日

11:00PM

パリ・シャルルドゴール空港からバルセロナ・エル・プラット空港までは、たった1時間50分のフライト!

しかもシェンゲン協定加盟国のため、パスポートコントロール不要!この快適さ。知識としては知っていたものの、実際に体験してみるとあまりの便利さに毎回感動してしまいます。

やたら大きな空港内を歩き、バゲッジクレームでカルーセルからスーツケースを持ち上げた瞬間、、、

ハンドル取れた!

重すぎるスーツケース×ヨーロッパの石畳のコンビ、、、想定外にハンドルにダメージを与えていたようです。合掌。

バカンスで不在のAirbnbホストに代わって、同じアパートメントのお隣の部屋の女性が鍵を渡してくれることになっていたので、到着したことを彼女に電話で連絡。

フランス男のスマホにはヨーロッパ内で使用可能なSIMカードが入っているらしく、パリに続いてわたし専用の動くフリーwifiスポットと化していました(笑)頼りになります。

空港内の標識にしたがって、バス乗り場にテクテク。

A1ターミナルから終点「カタルーニャ広場」へ

バス乗り場、目の前のチケットマシンはクレジットカードのみ対応。

さすがバルセロナ。表示言語は《カタルーニャ語》《スペイン語》《英語》

片道5.9€。

12:00AM

車内のFree Wifiにあまりうまく接続できず、うたた寝しながら40分ほどで終点カタルーニャ広場に到着。

テロ直後ということでちょっとドキドキしていたものの、12時近くでもまだ薄暗いヨーロッパの夏。

カタルーニャ広場やその周辺は人通りもあり、まだ営業中のレストランやミニマートも多くて、夜道が怖いという印象はありませんでした。

そしてイタリアやフランスと一緒で、夏のスペインの夜は涼しくて快適!東南アジアとまったく違う!ドライな空気って素敵♡

GoogleマップでAirbnbへの行き方を調べるフランス男。いきなり、

とろんぱーい!

(タイ語で、直進する、という意味)

あ、こっちね、とろんぱい。まっすぐ行きましょうか。

「スペインで、フランス人と日本人がタイ語で会話してるってクールじゃない?」とご満悦。バンコク大好きなフランス人。ちょくちょく会話にタイ語をいれてきます。

石畳の歩道を、ハンドル壊れたスーツケースをゴロゴロ転がして約10分ちょい。今夜のお宿に到着。

バルセロナのAirbnbに到着!

12:15AM

電話したら、Hola(オラ)!

Airbnbホストのご近所のスペイン女性(仕事に疲れたペネロペクルスみたいな)がセクシーな薄着で登場。

遅い到着でごめんなさい、と謝るわたしたちにも「全然構わないわ〜!さあ、荷物持ってあがってきて!」と、彼女の降りてきた階段を見たら、ぎょえー!

やっぱり両親の勧めに従って、カタルーニャ広場すぐ目の前のホテルにすればよかった!と激しく後悔した瞬間(笑)

幅1mくらいの狭い階段がはるか上まで続いている。

もちろんエレベーターなし。

成人女性がすっぽり収納できるくらいの容量のスーツケースは(空港でまた手荷物を詰め込んだので)約25kg。ハンドルは壊れている(笑)

このスーツケースを抱えて部屋まで上がるか、ここに留まるべきか、、、

って、狭いエントランスに留まっているわけにもいかないので、上がるしかない。フランス男ががんばるしかない。わたしは応援することと、もしスーツケースごとフランス人が落下してきたら避ける準備をするしかない。

日本だと5階くらいに相当する部屋に到着したときには、死ぬんじゃないかというくらい息が切れてて(スーツケース持ってないわたしも笑)このまま死なれたらどうしようかと思ったけど、大丈夫そうでした。

「バスルームはここで、それから8月はバカンスで不在の住民が多くて空き巣が多いから、戸締りはちゃんとしてね」

うんうん。

「そうそう、あなたたち、今からどうする?ワイン飲みに行くなら、すぐ近くのバルがおすすめよ〜。ちょっと遠くなるけど、××ってお店もいいわよ」

ノン!

ものすごい力強い勢いで否定するフランス男。そりゃそうだよね、あの階段上がってきて疲れてるから、この時間からワイン飲みに行かないよね。

と思ったら、いつのまにか持ちこんだワイン飲んでる!

8/19(土)バルセロナ観光1日目

バンコクの紀伊国屋書店で購入してきた、最新版´18るるぶ『スペイン』の2日で回れるバルセロナ観光モデルプランによると、まず初日は

8:30AM グエル公園でガウディのアートに触れる

うんうん、朝早く行ったら空いてそうだよね。グエル公園はわたしたちの泊まっているバルセロナ中心地、カタルーニャ広場からバスや電車で約1時間かかるのね。ということは、7:30AMには出発したいよね。

で、いまは、、、

11:30AM

早速モデルプランから離脱(笑)

おなかすいたし、早くサングリア飲みたい!ということでおでかけ。(と言いつつ、準備するだけで30分以上経過)

Airbnbのすぐ近く、やたらと観光客が写真撮影してる建物を発見!

るるぶは重いから部屋に置いてきちゃったので、何の建物かわからない。みんな撮影してるってことは有名なんでしょうね!ということでわたしも便乗して撮影。

ランチは『TOSCA(トスカ)』

やたら撮影されてる建物の目の前にあったのが『TOSCA(トスカ)』

昨日ペネロペがおすすめしてくれたリストの中に入ってたスパニッシュバル。

サングリア早く飲みたいからここに決めた!(Airbnbのエントランス出て約3分)

0:30PM

サングリア3種類(赤ワイン、白ワイン、カバ)から、白ワインのサングリアをオーダー。

もう最高!バルセロナ最高!

シンプルなお料理だけど見た目からは想像できないおいしさ!これ食べるためにもう一度バルセロナに行きたいレベル!

イカのフライ♡

ミートボールもオーダー。ウェイトレスおねえさんお勧めのパンコントマテ(バゲッドにトマト)。これも外せない。

パンコントマテ♡

バルセロナに行ったひとすべてが「ゴハンが美味しすぎる!」と言うほどの街だもの。

いろんなレストランやバルで食べたいから、1つのレストランではオーダー品数を少なめにしてお腹のキャパを空けておく。備えよ、常に。

補足
わたしたちがTOSCA店内で食事してる間も、ひっきりなしに立ち止まって写真撮影する観光客が見えていましたが、どうやら『カタルーニャ音楽堂』だったみたいです。

 

無事FCバルセロナのポロシャツは購入できるのか?!

2:00PM

サングリア飲んでごきげん♡

TOSCAのすぐ近くのお土産屋さんを通りかかったら、今回のバルセロナ最大のミッションが早々に完了しそうな予感がして胸騒ぎが、、、

ミッション、それは「FCバルセロナユニフォームのレプリカポロシャツを購入すること」!

わたしが着るんじゃないですよ、お友達のサッカー大好きおじさまからのリクエストで、オフィシャルなサッカーレプリカユニフォーム(ちゅるちゅる生地)じゃなくて、コットン素材の襟付きポロシャツを購入せよ!と言われていて。(ゴルフで着てみんなに見せたいから襟付きじゃないとダメなんだとか)

イタリア・フィレンツェでも、フィオレンティーナのポロシャツがあったら買ってきてほしい、とリクエストされていたんですが、フィレンツェでは何軒まわっても普通のレプリカユニフォーム(襟なし)しか見つけられなかったんです。

だからFCバルセロナのポロシャツがこんなに売っているのみつけてラッキー!

わたしが着るんじゃないんですどね(既出)

例えば、こんなの。

こんな柄物もあったり。

グイグイ迫ってきた店員さん曰く、お値段はデザインによって1枚35~50€とのこと。

へえ、そうなの、と言っていたら

「でも1枚25€にしてあげる!」

ネゴしてないのに、値引き成功。元々25€なんじゃないか疑惑(笑)

友達に選んでもらいたいから、これ撮影していい?と聞いたらOK。早速、撮影してLINEで送信。

1枚50€くらいだと想定してたおじさま、25€と聞いて大興奮。

「これと、これと、あとこの色違いを1枚ずつ買ってきて!全部で4枚ほしい!今後2年はゴルフ用ポロシャツ買わない!」

えー!

1枚だと思ってたけど、4枚って結構かさばるし、スーツケースすでに重いんですけど!と思いつつも、しょうがない。これを買いにバルセロナまで来たんだから(違

いまからサクラダファミリアに向かうから、ポロシャツは帰りに買うことにしましょう。

とろんぱーい!しながら、ずんずん街歩き。

テロの影響?街中を歩いている観光客が少ないような気がする。

ここはパリ?シャンゼリゼ通り?

おしゃべりしながら歩いていたら、知らない間にシャンゼリゼ通りに来ていました。

というのは冗談で、これはバルセロナの凱旋門!

「凱旋門」というのは、軍事的勝利を讃え、その勝利をもたらした将軍や国家元首や軍隊が凱旋式を行う記念のために作られた門。

シャンゼリゼ通りのエトワール凱旋門が有名なだけで、他国にもあるんですよね。(知ったかぶりしてますが、いまwiki見ました)

街中に突如出現! サクラダファミリアとご対面です!

2:45PM

バルセロナのサグラダファミリアの中に入ったらありえない世界が広がっていて「百聞は一見にしかず」という諺が心に沁みたというお話。

2017.09.06

アイスラテが飲める幸せ♡

4:30PM

ヨーロッパでは普通のカフェだと、カフェラテやカプチーノはホットが当たり前。

冷たいものが飲みたいなら、水かコーラかオレンジジュース。もしくはワインにしなさい、と言われます。

ワインも大好きだけど、東南アジアなわたしとしてはアイスラテが恋しくて!

多少ぬるくても気にしない(笑)

余談ですが、今回ちょっとしたパソコン仕事をまだ終わらせてないままヨーロッパに来てしまい、その提出期限が迫っていてそわそわしてたんです。心置きなく飲めない!酔っぱらえない!(自業自得)

イタリア滞在中に終わらせるぞ!→失敗

せめてフランス滞在中に終わらせたい!→失敗

そして、気づけばサクラダファミリアまでMacbookをかついでいくハメに、、、トホホですよね。

「ちょっと黙っててくれるかな?」

とフランス男に告げ、スタバでガガガ―ッとキーボードを叩いてなんとか終了!(2時間もかかっちゃった)

あの終わらせたときの感動といったら、サクラダファミリアを初めて見たときと同じ、、、とか言ったら(以下略

7:00PM

行きとは違う道をブラブラ歩いて、お部屋に戻ります。

これでまだ7PM。空が明るい!

今夜のレストランどこにしよう?とFoursquare(フォースクエア)をチェックしていたら、わたしたちのAirbnbのすぐ近くに高レビューのスペインバル発見。

補足

Nちゃんからおすすめされたのは、このサイト!

バルセロナウォーカー バルセロナ本当にお勧め出来るバルリスト

Foursquareでみつけたスペインバル『CASA LOLEA』

7:25PM

水玉模様がかわいいスペインバル『CASA LOLEA』に到着!

外からのぞいてみると、Reservedのプレートも置いてないテーブルが多い。よし、今夜はここにしよう!

「どうする?いま予約していく?」と聞いてみたら、「いや、予約は要らないでしょ。部屋に荷物置いて休憩して、好きな時間に戻ってくればいいさ」とフランス男。

この判断がその後、悲劇を呼ぶことになるとは知る由もなかった、、、笑

9:00PM

部屋に戻ってうっかり昼寝?してたら、もうこんな時間!

おなかも空いたし、さっきのバルでサングリア飲むことだけを考えてウキウキ。お店に戻ってみたら満席(笑)

あら?そうゆう展開?

かわいい水玉エプロンつけたウェイトレスのおねえさんに「2名ですが、何時ならテーブル空きますか?」と聞いたら「ごめんなさい、今夜は無理なの!この後も予約でいっぱいなの!ちなみに明日のディナーも予約で満席なの!」

スペイン人のディナータイムの始まりが遅いのは知っていたけど、まさかこんなに遅いとは、、、とカルチャーショック!

その後、良さそうなレストランをめぐるも、どこも状況は同じ。土曜日の夜ですしね。次回バルセロナ来たら行ってみたいレストランをたくさん見つけました(笑)

どう見ても美味しくなさそうな、全然お客さんのいないピザ屋さんとか、ハンバーガーショップはガラガラですぐ入れそうだったけど、バルセロナの貴重なディナーでそんな食事したくない!

おなかすいてるし、テラス席で美味しそうな食事しているひとたちを横目に彷徨うわたしたち。

あのとき予約しておけば、、、と強引にでも予約しなかった自分の判断は棚に上げて、なぜかイライラするわたしと、まったく気にせずごきげんなフランス男。とろんぱい。

キャンドル専門店 Cereria Subira(セレリア・スビラ)

ロマンティックな路地裏をぐるぐるまわって、気づけば行きたかったキャンドルショップの目の前に来ていました。1761年創業の老舗のキャンドル専門店。

マミコさんの『人生の笑旅キロク帳』でも紹介されていたし、るるぶにも掲載されていたんです!

9PM頃、部屋を出る前にるるぶをチラッと読んでて思い出しました。(それまで完全に忘れてた笑)

フランス男に、日本語のるるぶを見せながら、

「ねえねえ、ここに行きたい!普段キャンドル使わないけど見てみたい!営業時間はね、、、日曜定休!さらに、土曜日も8:30PMまでだって!」

ガーン。おわた。

いま、土曜日の9:00PM、明日は日曜。そして帰国日。行くチャンスなし。

るるぶのちっちゃな文字に目を凝らすと、、、

8月の営業時間

10〜14時、16~24時まで

今日は8月!

やったー!間に合う!ディナーの後で散歩がてら行ける!と喜んでたんです。

そして偶然たどりついたCereria Subira(セレリア・スビラ)は、がっつりシャッターが下りてCLOSEDでした(笑)

今夜のディナーは『LA PUNTUAL』

10:00PM

ここもレビューいいみたいだけど、入ってみない?と言われて入店したのが『LA PUNTUAL』

上の写真のエントランスの、隣のドア。

「でも、全然お客さんいないね。ちょっと頼んでいまいちだったら、他のレストラン行かない?」なんて、また意地悪なことをいうわたし。

それが15分も経たないうちに、広い店内があっという間に満席になって、予約してないお客さんが断られ続けてる!ギリギリセーフ!

こんなに遅い時間帯でも、ちいさなお子様連れのお客さん多かったです。

わたしたちが入店したタイミングは早めの食事を終えたお客さんとの入れ替わりの時間だったのかも。10:15PM過ぎから食事スタートさせるスペイン人(および観光客)すごい!

Tinto de Verano(ティント・デ・ベラーノ)で乾杯!

Tinto de Verano(ティント・デ・ベラーノ)とは、安い赤ワインを甘い炭酸水かファンタレモンで割った飲み物。Tinto de Verano=Summer Red Wine。

Nちゃんと共通の大学時代の親友が、5月にスペインに行くNちゃんに猛烈に勧め、そこではまったNちゃんがわたしに猛烈に勧め、、、と伝言ゲームぽい伝わり方で「バルセロナ行ったらサングリアもいいけどTinto de Verano飲んできて!」としつこかったので(失礼)、注文してみました。

ランチの『TOSCA』には置いてなかったので、これが初Tinto de Verano!

読者のみなさまにひとこと、いいですか?

バルセロナ行ったらサングリアもいいけど、Tinto de Verano飲んできて!

 

(おまけ)Tinto de Veranoはペットボトルでも売ってます!

たしか1ユーロくらい。コンビニのような、ちいさなミニマートでもどこでも売っているので、よかったら買ってみてください。わたしは1本バンコクまで持ち帰ってきました。

ミニマーケットで購入

タパス!タパス!タパス!

続いて、お食事。

アンチョビオリーブ!

FUET!

コロッケも!

写真撮影前にウェイターさんに混ぜられた!

説明難しいけど、美味しすぎるやつ!

バルセロナといえば、はずせないタコ!

イベリコ豚のパエリヤ!これ大鍋です(笑)

「ちょっと頼んでいまいちだったら他のレストラン行かない?」とか言ってたひと、誰ですか。

どれも美味しすぎて、頼みすぎました(笑)

11:30PM

夜道を散歩しながら、お部屋に戻ります。

あれだけ彷徨い歩いたからどんなに遠くまで行ってたのかと思ったら、帰りは徒歩10分(笑)

フランス男が、フランスの田舎のワイナリーに行ったときに購入してきたけど、開けるタイミングをみつけられないまま1年以上が経過してしまったというデザートワインを持ち込んできていたので、部屋のベランダで乾杯。

エアコンがなくても十分涼しい、バルセロナの夏の夜。

 

後編に続きます。

スペイン・バルセロナに2日間滞在してほぼ何も観光しなかった弾丸旅行のお話。(後編)

2017.08.23

1 個のコメント

  • Yuka さん、こんにちは、

    バルセロナ在住のティエリーです。
    私は、カタルーニャの観光ガイドで、インターネットで観光ブログ等をよく探します。

    ヨーロッパ弾丸旅行ブログ(特にバルセロナ観光ブログ)を楽しく読みました。
    やっぱり、スペインとアジアは、町並み、ライフスタイル、料理、食べる時間などが随分違いますね!
    それで、旅行が楽しいです!

    バルセロナは、見どころが多いので、また、是非、遊びに来て下さい。
    それでは、ブログ更新楽しみにしてます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Yuka

    日本の大学を卒業後、新卒で海外就職。 単身インドネシア(ジャカルタ)に渡り、ベトナム(ホーチミン)を経て、現在はタイ(バンコク)在住。 美味しい和食と、お湯たっぷりのバスタブのある暮らし。 『日本的』な海外生活を満喫中。