スポンサードリンク



【オランダ】日曜のお買い物はオランダへ。デュッセルドルフからFlixbusバスで国境を越えて『Designer Outlet Roermond』へ行ってきました

スポンサードリンク







セーターが買いたくて、ドイツ・デュッセルドルフから国境を越えて、オランダの街「Roermond(ルールモント)」へ行ってきました。

セーター買うために国境越えてきたの!?と思われるかもしれませんが、シェンゲン加盟国間で国境に近い都市に住んでいる住民達は、ショッピングのために気軽に国境を行き来しますよね。現地の方々にとっては当たり前のことすぎて、何を今さら?と思われるでしょうが、島国ジャパン育ちの私にとっては「入国審査なしの陸路国境越え!」に心の底からは慣れておらず、毎回小さく「わーお!」な気分を抱いております。

そういえば、スペイン巡礼初日もピレネー山脈を越える前にいつの間にかフランス-スペインの国境を越えていて、その日の夜に「わーお!」な気持ちになってものでした。(昼間、山越え中はそんなこと考える余裕がなかった笑)

ということで、ドイツでは一部の飲食店と中央駅構内のお店を除くほぼ全ての商業施設が休業してしまう日曜日。わざわざ国境を越えて、オランダの街ルールモントのアウトレットモール『Designer Outlet Roermond』に行き、セーターと靴下を買ってきたという話です。

暗い!

国境越えるためには、やはり多少の犠牲が伴います(冗談)。本日の目的地、オランダのドイツ国境沿いの街ルールモントは、デュッセルドルフから車で40〜50分の距離なので、車がある方は自分で運転していけばいいのですが、私は日本でもゴールド免許(乗らないから)なので、今回も公共交通機関一択。前日の夜にFlixbus(フリックスバス)をオンライン予約しておきました。Flixbusはドイツ・ミュンヘン発のヨーロッパ長距離バス運行会社で、そのリーズナブルな料金設定により、ヨーロッパ旅をする若者達に人気があります。

デュッセルドルフ中央駅前のバスターミナルから、ルールモントのアウトレットモールまでのFlixbusの往復スケジュールをチェックしたところ、非常に悩ましい。アウトレットモールは行ってみたいけど日曜の夜遅くに帰ってきたくない。復路はお昼すぎ(13〜14時頃)のバスがあれば乗りたいと思ったのですが、復路は11:00発、その次は17:20発!他の都市からやって来るバスの運行状況との兼ね合いなのはわかるけど、間隔空きすぎ(笑)

しょうがないのでアウトレットモールの開店時間(土日は9時)に合わせて、往路は【7:30発→8:45着】、復路は【11:00発→11:50着】のバスを予約しました。北欧最大?とも呼ばれるアウトレットモールでのショッピングが2時間弱!というタイトな目標を掲げ、早起きしてバス乗り場に向かったのでした。相変わらず暗い!

今回が初めてのFlixbus。車内は意外と綺麗、無料Wi-FiとUSB電源があると聞いていますが、果たしてどうなのでしょうか。

Flixbusだけでも数台、それ以外の会社のバスも停車しているのでご注意を

このバスに乗りました(最終目的地はオランダのデン・ハーグ)

オンライン予約時にEチケットがメールに添付されてくるので(プリントアウト不要)、そのバス番号を探します。注意書きには「発車時刻の15分前には乗り場に来るように」とありましたが、今回は初めての利用なので早めに到着しました。私の目的地はルールモント(オランダだけどほぼドイツのすぐ横)ですが、このバス自体の最終目的地はオランダのデン・ハーグとなっています。ルールモントからデン・ハーグまではバスで約2時間。うっかり寝過ごしたら危険!でも早起きしたから眠い!

まもなく、バスドライバーがどこからともなく現れ、彼女にスマホ画面のEチケット内のQRコードを読み取ってもらい、乗車となります。別途料金で席の指定もできるみたいですが、今回は自由席。中央駅で購入したパンを食べながら発車を待ちました。ほんとだ、想像していたよりもはるかに綺麗な車内。シートはやや固め、背もたれは低めだけど、リクライニングもできるし、目の前に小さなテーブルもあります。

定刻は朝7:30発のはずなのに、インド系の乗客達がバスドライバーに詰め寄ってあーだこーだ主張しているために、定時発車しませんでした。格安バスですし、そのくらいは許容範囲内。女性ドライバーだったからか、意外と丁寧な対応をしているなあという印象でした。(もっとつっけんどんに突き放されるんだと思ってた)

8分遅れで出発

ライン川を渡る前にラインタワーも見えました

Flixbusでデュッセルドルフ中央駅前バスターミナルからルールモントのアウトレットモールまでは直通で50分。私が購入したチケットの所要時間は1h25。どこの街に立ち寄るのか、あえて書いてなかったのですが…答えは、メングラでした!

メングラのバスターミナルで暫く停車

メングラでも数名の乗客を乗せて、バスはルールモントに向かって再び走り出しました。

各シートの窓側にUSB電源もありました

先日のベルギー旅行の反省を活かして、ライトニングケーブルも忘れていません。せっかくなので充電しておきます。

車内に無料Wi-Fiあります

「あと少しでアウトレットモールに到着しそう」とGoogle Mapを見ていたところまではなんとなく覚えているんですが。いつの間にか寝落ちしてしまっていたようで、ドライバーのアウトレットモール到着アナウンスでハッと起きて、慌ててコートを着てバスから降りました。危なかった!焦りすぎて、コンタクト左目が外れちゃった(笑)

アウトレットモールのエントランスはバス後方、右奥

バス乗車中から小雨が降っていましたが、到着後もますます雨足が強くなります。さすがオランダだわ(偏見)。傘を指さずにコートのフードを被ってエントランスに向かいました。

大きな観覧車が見えます

まだ開店前ですが、駐車場も続々と埋まっていきます。噂通り、ドイツナンバーの車もたくさん。

エントランス

モール内に入ると、他の買い物客はお目当てのショップがあるのか、迷うことなく早足でどこかに消えていってしまいます。(今週末はファイナルセールで、通常よりさらに安くなっている商品も多いらしい)

雨が強くなってきたので、さすがに傘を指しました。やっぱりジャパン育ち。とりあえず、エントランスにあるモール内地図を見て、行きたいお店の目星をつけることにします。11時のバスに乗るためには、余裕を持って10:45にはアウトレットモールを出なければいけない。残された時間は多くありません!で、まずどこに行こうかな。

エントランス近くにスタバ。その目の前に小さなメリーゴーランドがありました。ここだけ見ると遊園地みたいです。

そうだ、私はここにセーターを買いに来たんだった。めちゃくちゃどうでもいい話なので聞き流してもらえばいいのですが、去年10月末にたまたまベネトン(懐かしい響きでしょ?)のデュッセルドルフ市内の店舗で購入したセーターが気に入ったので、1月になって色違いを買いに行ったところ、色欠け・サイズ欠けで全く買えなかったのです。(私のLサイズが特にない)何も変哲もない無地のVネックセーターなんですけど、V字の開き具合とか袖の長さとか、とにかく気に入った…のに買えない!悲しい。デュッセルドルフから近い店舗はケルン。ケルンに行くのもなあ、と思って他の店舗を調べたら、ここのアウトレットモールに入っていると知りまして。ケルン(ドイツ)よりもルールモント(オランダ)に行ってみよう!←前夜の思いつき

開店直前でお買い物客はまばら

ベネトン発見!と思ったけど、8:58だからまだドアが開いていなくて入れない。1秒たりとも無駄にできないので、フライング気味に既に開店している、数件隣のTHE NORTH FACEへ。

やっぱり本気の防寒アウター系が充実

ヨーロッパ(といってもドイツ)ではTHE NORTH FACEを着ている人をそんなに見かけない(全くいないわけではない)ような気がするんですが、今日ここに買いに来ている人達はかなり本気でまとめ買いしてました。

やっと入れたベネトン

アウトレットなので、通常の店舗とは商品構成がだいぶ違っていたのと、Lサイズ(私もL)が売れ筋のようで、市内の店舗にもここにもほとんど残っていませんでした。そんな中でラッキーなことに、私の欲しかったデザインのLサイズが1枚残っていたので、別のセーターと合わせて購入。ネイビーカラーのVネックセーター(49.95€→34.95€)、別のネイビーカラーのVネックセーター(35.95€→24.95€)。アウトレットの割にはそこまで興奮しない30%オフですね。やたらネイビー着てる人になりそうです。

以下、ザッと見て回ったアウトレットモール内の様子をお伝えします。雨&寒い&あんまり時間がないため、早足で駆け抜けたため、特に面白みのない写真になってますが、雰囲気だけでも伝われば。

こんな雨の中でも、ユニフォームに身を包んだガイドのお姉さんが待機していました

FURLAも入ってみましたが、そんなにお得感はなかったです

フードを被って雨をしのぐ人が多発

COACH

イギリス発の人気ブランド『Superdry極度乾燥(しなさい)』

FALKE(ファルケ)

FALKEが洋服も作っていたなんて知りませんでした

日本でもかなり前から人気で、セレクトショップでも取扱いのあるFALKE(ファルケ)。冬が近づくとファッション雑誌でスタイリストさんやオシャレ読者がおすすめタイツとしてFALKEのコットンタイツ『FAMILY』をこぞって推薦しているのをよく見かけます。私も影響されて買ってみたら、確かに痒くならないし、股上深くて安心感あるし、温かい!(FALKEは知っていたけど、ドイツブランドだと知ったのはつい半年前頃というのは、ここだけの話!)

「ドイツブランドということは、日本で買うよりもかなりお買い得になっているんじゃないかしら?」とかなり期待してデュッセルドルフ市内のデパートの靴下コーナーで見てみたら、FAMILYの定価は25€(約3,100円)。金額として、日本の並行輸入品とほぼ変わらない。というか、むしろ日本で買ったほうが安いのでは?と落胆したのを覚えています。ということで、ドイツでブラックを購入後、日本でチャコールグレーを購入して、現在2色持っています。

私も持っているタイツがディスカウントされているー!

店舗奥にタイツコーナー発見!FAMILYもある!しかもお値段14.40€(約1,800円)!半額とまではいかないけど、40%以上の割引です。3足目買っちゃおうかなー。何色にしようかなー。やっぱり使いやすいチャコールグレーをもう1足?なんてウキウキしながらサイズを探したら、ない。私のサイズは42-44(M/L)。

48-50(XL相当)のような大きいサイズが中心

やはりここでもヨーロッパ女性の売れ筋サイズ・人気カラーは少ないようです。ただ、日本人女性に多い36-38(S)も多くはないけれど、全くないわけではなかったので、掘り出し物が見つかるかもしれません!(とにかくM/Lはほとんどなかった)

タイツコーナーは諦めて、ソックスコーナーを物色。

戦利品『WALKIE(ウォーキー)』。冒険してレッドも買ってみた。

コットンタイツ以外でメンズにも人気なのが、この厚手ソックス『WALKIE(ウォーキー)』。FALKEの中では一番厚手。これもほとんどサイズ・カラーがなかったのですが、その中からなんとか見つけ出して2足購入してみました。ドイツはまだまだ寒い日が続くので、厚手のソックスがいいなと思って。店員マダムに聞いてみたら、ものすごく温かいそうです。サイズは私は普段39だけど、このソックスは37-38で十分とのこと。ホント?FALKEタイツは42-44履いてるのに?笑

『WALKIE(ウォーキー)』は定価19€が40%オフで11.4€(2,400円→1,400円)なので、アウトレット来てよかったー!と思えるかな。でも、わざわざオランダのアウトレットに来なくても、日本の通販でも買えます。

日本のほうが、サイズ・カラー豊富だし、たまに30〜40%オフになっていたりするので、そちらのほうが実はお得かもしれませんね。そろそろバスの時間が迫っています。FALKEで長居しすぎました。

ポロ・ラルフローレン。ここが一番混んでたかも!

広い店内は、1階がメンズ、2階がレディース。コットンセーターが約50%オフ(140€→69€)になっていたので試着してみたけど、ピンとこなかったのと、これもネイビーなのでネイビー買いすぎになるので、購入せず。夏物が豊富になる時期にまた来店したいかも、と思いました。

手前がニューバランス、奥がNIKE

NIKEの店内、広い!

レジもすごい行列になってました

かわいい邸宅のようなGUCCI

私が通りかかった時がたまたまそうなのか、かなり閑散としていたPRADA

お馴染みのUGG

PRADAの斜め前くらいに位置するUGGは入場制限していました。UGGのシープスキンブーツ、私も学生時代に履いていました。懐かしい!シープスキンブーツかビーサンか(GWでビーサンに切り替わる)のゆるい学生時代。あれ履きやすいんですよね〜。

最近の日本ではブームが去っているような気がしますが(実際に見てないのでわからない)、ドイツでは定番人気なのか、あのブーツを履いてる女性をよく見かけることもあって、影響されて私も久しぶりに履きたくなっているので、バスの時間を気にしつつ、入店待ちの行列に並んでみました。定番のショートブーツが113€、ミドル丈が140€(だった気がする)ので、やっぱりお値打ちですね。先月ロングブーツも買ったし、冷静に考えないといけないと思って今回は何も購入せずに撤収しました。

アウトレットモール周辺図

Flixbusバス停

後ろ髪を引かれつつ、アウトレットモールを後にして、バス発車時刻15分前にFlixbusバス停に到着しました。雨でショッピングバッグがびしょ濡れです。同じくバスの乗客と思われる女性がロンシャンバッグ(定番ル・プリアージュ)を肩にかけ、ロンシャンショップの紙袋を持っているのを見て「ロンシャンもあったんだー。チェックしてくるの忘れたー」と心の中で小さく叫んでしまいました。たくさん持っているので買う予定はないのですが、どのくらいお値引きされてるんだろうなと知りたかったので。たいした話ではありません(笑)

かなり混んでいる車内

11時少し前にバスがやって来たので、バスから降りてきたドライバーにスマホ画面を見せてQRコードを読み取ってもらって乗車しました。往路と違ってかなりの乗車率。このバスも最終目的地がフランクフルトなので、寝過ごさないよう気をつけないといけない緊張感。帰りはデュッセルドルフまで直通なので、どこにも停車することなく、予定到着時刻よりも早い11:40過ぎにデュッセルドルフ中央駅前バスターミナルに到着しました。すごい、ランチ前に戻ってきちゃった。

Designer Outlet Roermond、地理的にはオランダですが国境を越えてお買い物に来るドイツ人客が多く(店員さん達もドイツ語で話しかけてくるので、ここはドイツだっけ?となりました)、「オランダに来ました!」という気分は特に感じられませんが、次回は暖かい時期にまた訪れてみたいなと思いました。(結局この感想)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください