スポンサードリンク



【韓国・ソウル】チマチョゴリ写真撮影「古館(コグァン)明洞店」に行ってきました。セルフ撮影コーナーも充実!フォトショ修正してくれると知っているから自信を持って撮影に臨めます♡

スポンサードリンク







アンニョンハセヨ!極寒のソウルからこんにちは、Yukaです。

2018年2月、平昌オリンピックが全然盛り上がってる様子がない韓国・ソウルで、チマチョゴリ写真撮影してきました!

韓国留学中のお友達を訪ねての、久しぶりのソウル。勢いでソウル行きの航空券を購入後、知人友人から「ねえねえ、2月のソウルの寒さ、知ってる?知っててあえて行くの?ミサイルが飛んで来そうなこの時期に?何か重要な用事でもあるの?」と散々ツッコまれましたが、ソウルの寒さは知ってるけど忘れていて、ミサイルは飛んでこないことを祈って、もちろん重要な用事なんてありません(笑)

重要な用事をあえて挙げるとしたら、お友達に再会することと、この韓服(ハンボッ)体験&写真撮影でしょうか。ベトナムでのアオザイ写真撮影が想像以上に楽しかったので、ソウルでもチマチョゴリ着てみたかったのです。

「古館(コグァン)明洞店」でチマチョゴリ体験してきました

外観

階段を上がって、2階が受付です

今回一緒にチマチョゴリ体験をしてくれたのは、ベトナム時代のお友達KちゃんとHちゃん。Hちゃんは前回のアオザイ写真撮影にわざわざ付き合ってくれた、頭に円盤降りてきた女の子です。

【ホーチミン】アオザイ写真撮影『ミス・サイゴン・スタジオ』に行ってきました。4,000円で女優気分♡アオザイ美人になるにはかなりハードルが高いこともわかりました

2018.02.06

明洞のカフェに合流した私達は、早速KONESTで検索。複数候補の中から、「古館(コグァン)」を選び、予約&来店しました。地下鉄4号線明洞(ミョンドン)駅6番出口から徒歩3分。

店舗入口付近

チマチョゴリ見本写真がいっぱい

やはり、いらっしゃいました(笑)

まず荷物をロッカーに預け、スリッパに履き替えます

スマホだけ持ちましょう

お花のついたスリッパ

コースを選びます

日本語メニューもありました

「平民服(ベーシックなチマチョゴリ)」「歌妓服」「宮廷服」等、5コースから選びます。各コースはさらに髪型により追加料金が発生します。

ヘアスタイルがすごい・・・

こんな感じになるのですね

私は宮廷服の髪型も気になったのですが(あの髪型どうなってるんだろう笑)、同行の2人が「平民服で!追加料金無しの髪型でいいですっ!」と躊躇いもなく即座にオーダーしたので、私も一緒に、平民服&追加料金無しのヘアスタイルのコース48,000ウォン(約4,800円)を選びました。

私達が選んだのは、この「楽コース」48,000ウォン/1人

チマチョゴリ1着と、スタッフによるヘアメイク、アクセサリー、小道具が含まれた「楽コース」。スタジオでカメラマンによる撮影があり、2ページのアルバムがつきます。

※楽コースを利用の方には名刺サイズのミニ写真を2枚プレゼントします。
アルバム1冊(4×6インチ2枚)、ミニ写真2枚
衣装1着+ヘアセット+メイク
★15種類のセットで撮影ができます(時間制限なし)。
★プロカメラマンによる撮影付き

KONESTより引用

早速、チマチョゴリを選びます

店内に所狭しとレンタル韓服が並んでいます!

反対側にはヘアメイクブース

さて、私が着れるような大きなサイズはあるのでしょうか・・・?!

サイズ毎に綺麗に並べてあります

S, Mサイズ

ありましたー!Lサイズコーナー!

安心のLサイズ

韓国は優しいところかもしれない。(ベトナム比)

XL!!!

さらにXXLまで!!!

安心して、好きなカラーのチマチョゴリが選べそうです!このお店は、チマ(スカート)とチョゴリ(上着)が既に組み合わせてあるので、センスを問われることなく、素敵なチマチョゴリが選べます♡

おもしろいと感じたのは、女の子たちが自然と”彼女らしい”色合いのチマチョゴリを選ぶこと。「あー、それ似合う!というか、普段そうゆう感じの洋服着てるよね!笑」

こんなにもサイズ展開が豊富なのに、私はまた失敗を犯してしまったのです。さて、私達はどのチマチョゴリにしたのでしょうか・・・乞うご期待!

男性用の衣装もあります

韓国ドラマでこんなの見たことあります

サイズ別になっているんでしょうか

小道具も充実

チマチョゴリに着替える前に、メイクをしてもらいます

一瞬、裸かと思いました

ここのスタジオでは、自分のメイクを完全にオフせず、少し落としてその上に追加されていくスタイルです。普段ナチュラルメイクのKちゃん、Hちゃん達は仕上がりの顔を見て「わー、すごく濃くされちゃった!」と驚いていましたが、私はメイク後のほうが薄化粧になっていました。

メイク担当の韓国人お姉さんが濃い化粧の私を見て「チッ」と舌打ちしたのを聴き逃しませんでしたよ。そりゃあ、めんどくさいですよね。今後このコースを体験される方は、薄めのメイクでの訪問をおすすめします(笑)

メイクが完了したら、いよいよチマチョゴリに着替えます

ウェディングドレスみたい!と興奮する、独身女子たち

脱いだ私服(上半身だけ下着、もしくはババシャツになればいい)をロッカーに入れ、担当のお姉さんにされるがまま、スピーディーに着せ替えさせられます。まず、このチュールたっぷりの白ワンピース型インナーを頭から被り、さらにボレロのような丈の短い上着を羽織ります。

その上から、チマチョゴリを着ます。こちらも、まずはスカート部分(チマ)を着て、バストの上で紐をギュッと締められます。これが意外と苦しい!日本の着物は、バスト下で紐を締めますが、韓服はバストの上なんですね。

今回の私の失敗、それは・・・

Mサイズを選んでしまったこと!!!

MもLも合わせてみたらそんなにサイズが違わなかったこと、その場でお店のお姉さんに聞いてみたら「Mでいけるんじゃない?」とのことだったので、じゃあMにしよ♡この組み合わせ好きだし♡と。(Lサイズにも絶対同じカラーあったはずなのに!)

着付け途中で「苦しいんですけど、今からLサイズに変更してもいいですか?」と聞いてみたんですが、おそらくめんどくさかったのでしょう、「このままで大丈夫!なんとか締まるから!」とのことで、そのまま続行。以下、キツめのチマチョゴリで進行します。

ボトムスは私服のままでOKです!

チマチョゴリに着替えたら、ヘアセットです

低めのお団子にスプーン()を挿してもらいます

できあがり!

この飾りスプーン(スプーンじゃない)が意外と大きくて、そこらじゅうにぶつかって大変でした。

プロカメラマンによる撮影の前に・・・自撮りタイム!

自撮り棒が貸してもらえます

私達が着替え&ヘアメイク完了した時に、他のグループがまだブースで撮影中だったため、彼らの撮影が終わるまで自分達で写真撮影していてください!と自撮り棒を渡されて待機することになりました。

個室にこんなセットがあります

お手本ポーズも

早速、写真撮影会

かわりばんこで撮影をしていたら、プロカメラマンの撮影の順番がまわってきました!

プロカメラマンによる撮影です

琴を持たされる私@韓国。スカートの中で左足だけ片膝立てています。かなりつらい体勢です。

琴を持たされた私@ベトナム

撮影小物はたくさんあるのに、なぜかベトナムでも韓国でも琴を持たされました。琴を持たせたくなる顔なのでしょうか。

スカートが長いので、綺麗なドレープを出すためにこんな台に載っています!

台のおかげで、ほら。綺麗なドレープが!

私達が頼んだコースでは、基本的におでこ全開の髪型になるようなのですが、「おでこは出さないでください!前髪はおろしたままにしてください!」と頑なにオーダーしたKちゃん。無事、前髪は上げられずに撮影に臨んだのですが、カメラマンのおばさまは前髪が気になってしかたがないようです(笑)

前髪を直されます

まだまだ直されます

前髪お直しタイムが結構かかりました(笑)

太鼓を持ってみたり

前髪は、上げずに流す方向になったようですね。

小バッグをちょこんと持ってみたり

傘もありますよ

このスタジオも、プロのカメラマンを邪魔しなければ、自分達のスマホでの撮影は可能です!

撮影用小物いろいろ

セルフ撮影コーナーは想像以上の充実っぷり

ハンドクリームもらえるそうです

カメラマンによる撮影が終わると、「では、3階へどうぞ!」と言われます。着替えやヘアメイク、撮影スタジオのある2階から狭い階段を登ると、そこはフロア全体がセルフ撮影コーナーのセット!時間制限無しで、好きなだけセルフ撮影ができるんです。もちろん、各コーナーにお手本ポーズも掲示されていて至れりつくせり!

市場?を物色中の2人

突撃!隣の晩ごはん!ヨネスケです!

カボチャを盗んでる?!

カボチャ窃盗罪

いきなり置いてある小道具。何に使うの?

と思ったら、布団におしっこもらした罰・・・シュール

食卓もあります

食卓で太鼓も叩けちゃう!

3階奥に進むと、さらに別の撮影コーナーがあります

カボチャは返却してきました

小上がりの勉強部屋に入った瞬間、足をつったHちゃん

なるべく天井が映り込まないように撮影するのがポイントです

チマチョゴリが長いので、踏んでつまずかないように持ち上げて移動します

私服に着替えて、メイクを落として帰ります

メイクコーナー。各種メイク落としグッズやアイロン等も用意されています!

できあがりは・・・

3階のセルフ撮影コーナーで大盛り上がりした私達は、それに満足しすぎて、完成した写真アルバムをもらうのを忘れて帰りそうになってしまいました。危ない危ない、「完成した写真はいつ受け取りですか?今日中にできますか?」

その瞬間に渡されたのが、写真アルバムと名刺サイズカードのセット。私達がセルフ撮影コーナーでキャーキャー騒いでいる間に、フォトショ加工&現像まで終わらせてくれるんですね。よくできたシステムです。

アルバム

2ポーズ(フォトショ加工済)

名刺サイズのカードも4枚(2ポーズずつ)

このカード、誰に配ればいいのでしょうか(笑)

裾の長さを伸ばしたり短くしたり。自由自在に修正を加えるお兄さん。よろしく頼みますよ。

撮影スタジオ横でお兄さんが華麗にフォトショを使いこなすのを見て、安心して撮影に臨めました(笑)私の写真、明らかに二の腕を細くしてくれています。ありがたや。

店舗詳細

住所:ソウル特別市 中区(チュング) 忠武路1街(チュンムロ1(イル)ガ) 22-15, 2F / (道路名住所) 明洞8ナキル 30

地下鉄4号線明洞(ミョンドン、Myeong-dong)駅6番出口から徒歩3分。

TEL:02-318-8288

営業時間:9:00 a. m. – 10:00 p.m. (入店は9:30 p.m.まで)、年中無休。

※予約するなら、KONESTがおすすめです!

さいごに

ベトナムでのアオザイ写真撮影に続く、民族衣装コスプレ企画第2弾。

明洞駅からすぐのアクセスの良さ、日本語対応もバッチリ、オススメのお店です!ぜひソウルに行かれた際は、チマチョゴリ着てみてくださいね♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です