スポンサードリンク



突撃!隣の海外移住女子!いつも心にジェーン・スー。全財産かけたNY留学から鬱になって帰国後、ガサツな女と言われて就職難民だったのに気づけば繊細なHand-Paint Artsistとしてアメリカで自宅起業して憧れのあの方からもオーダーされちゃった桜子さんにあれこれ聞いてみました!

スポンサードリンク







最近、zoomというWeb会議システムでおしゃべりすることにハマっているYuka(@yuka_bkk)です、こんにちは!

先月からスタートした企画、

突撃!隣の海外移住女子インタビュー!

「海外移住女子」にインタビューしてあれこれ聞いちゃおう!というものですが、先日のTomomiさんのインタビューに続く第3回目のゲストは、現在アメリカ・シアトル在住の桜子(さくらこ)さん。

アメリカ・シアトルでの生活やHand-Paint Artistとしての活動だけではなく、涙なしには語れないNY留学中の出来事や横須賀のベース(米軍基地)内でのネイビーとの恋愛話、ジェーン・スーさんや高田ゲンキさんへの熱い想いも含めて、あれこれ聞いちゃいました!

目次

アメリカ・シアトル在住のHand-Paint Artsistとして活動中の桜子さん

桜子
アメリカ移住を期に、自分の好きな事で手に職つけようと一念発起。

The Artsy Asianというアーティスト名で、オール手描きの絵で服飾品をカスタマイズするHand-Paint Artsistとして活動しています。

会社経営やビジネスのノウハウも皆無のまま ”おウチ起業” し、ネットショップ「Hello & Goodbye 」を半年前にオープン。

現在はイベント出店なども精力的に行っている、新米アーティストです。

前回のインタビュー記事の文末に、こんなメッセージを書いていたのです

「我こそは、おもしろエピソードのある海外移住女子です!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!

インタビューさせていただけたらうれしいです。

もちろん、自薦他薦は問いません♡

先月、思いつきでスタートした「隣の海外移住女子」インタビュー。

インタビュアーであるわたしにとっても想像以上に楽しく、学びになることが多く、さらにはおかげさまでたくさんの方に読んでいただけて「シリーズ化期待してます!」なんて言われちゃったものだから、俄然やる気!(単純)

正直、わたしの友人知人には海外移住女子がめちゃくちゃ多いので、彼女たちを順番にインタビューさせてもらえば当分インタビュー候補には事欠きません。既にオファーしまくってます!(このペースだと2年以上はもちそう、記事書くペースが遅いから笑)

ですが。

わたしがお会いしたことがない「海外移住女子」にインタビューをさせてもらい、根掘り葉掘りお話聞かせてもらうのも楽しそう!あわよくばお友達になれたらうれしいな♡という、個人的な下心もあって掲載したメッセージだったりします(笑)

ある日、アメリカからこんなメッセージが届きました

桜子さんからのメッセージ

はじめまして、Tomomi さんのインタビュー記事を通してYukaさんのブログを知り、とても楽しく読ませて頂いております。

ブログ記事の末尾に ”我こそはおもしろエピソードを持ってる海外移住女子だと思う人からのメッセージ募集” という旨の記載がありましたので、こうして不躾にもメッセージを送らせて頂いた次第でございます!

申し遅れましたが、私 桜子(注:実際はフルネーム)と申しまして、現在シアトル郊外在住で、The Artsy Asianという名でアーティスト活動しており、半年程前にHello & Goodbyeというオンラインショップを起業しました。

面白エピソードとしては、

(中略)

と言った感じです…面白いかどうかは分かりませんが、紆余曲折感は存分にあるかと思います…笑

もしインタビューや私の活動にご興味がありましたら、ご連絡頂けると嬉しいです! 突然のメッセージにて、大変失礼いたしました! これからもブログ楽しみにしています!

こんなメッセージをいただいて、うれしくって小躍りしちゃいました!(心の中で)

しかも、ここに箇条書きで書かれていた面白エピソードがすごくて、これは前回のTomomiさんに続いてやばいのが来た!と大興奮して、すぐにインタビューを申し込んだのです。

やばい(もちろん、いい意味で!)のは当然でした…

桜子さんは、前回のインタビュー『突撃!隣の海外移住女子!貯金なし、学歴なし、職歴なし、ドイツ語も全く話せないまま、アラサーでドイツに住んじゃったTomomiさんにあれこれ聞いてみました!』のTomomiさんの10年来のお友達だったのです!類友…

Tomomiさんがインタビューされている!ということでわたしのブログを見つけてくださったそうです。

もちろん、今回のインタビューもzoomを利用しました!

アメリカ・シアトル在住の桜子さんとタイ・バンコク在住のYuka、時差は14時間、トータル6時間に渡る超ロングインタビューがスタートしました!

お仕事中の桜子さん

Yuka
桜子さん、はじめまして!

FC2ブログからワードプレスへの移行に失敗して落ち込んでるとお聞きしましたが、大丈夫ですか?本日はよろしくお願いします!
桜子
そうなんです、ブログ移行がうまくいかなくて。いまは見出しのカスタムができないんですよ。でも先日のイベント出店の準備が優先だったので放置してます!

…それはおいといて。こちらこそ、よろしくお願いします!
Yuka
聞き飽きてると思いますが、桜子ってお名前、素敵ですよね〜!って、Tomomiさんとも言ってました。かわいすぎる! そういえば桜子さん、いまおいくつですか?
桜子

いやーうれしいい!でも名前負….インパクトある名前なので、すぐに覚えていただけるのが有難いですね!

28です! ゆかさん今おいくつでしたっけ?プロフィール読んだけど失念しました!

Yuka
1983年生まれイノシシ年の今年34です!

中年の足音が聞こえる年齢になります!諸先輩方から言われたのが「33はまだいいが、34になるといろいろ考えるものがあるよ」って。

中年の足音…聞いた事ないですけど、聞こえるようになるらしいです(笑)どんな音かな♫

桜子
私の姉が35なので聞いてみますね。たぶん全力で聞こえないふりしてると思います(笑)

ちなみに私は4人兄弟の末っ子です!末っ子って大胆だとか言いますからね。誰かがなんとかしてくれる
Yuka
そうそう、してくれた。
桜子
でも困った時とか、自分の力でどうにもならない時は人に頼るのが本当に良いですよね!

高木ブーと大統領トランプと、ジェーン・スー。

桜子
ジェーン・スーさんというコラムニストの大ファンなんですけれど、彼女がいつも

”仕事はなにをするかじゃない、誰とするかだ”

って仰ってて本当その通りだな、って思います!

私この前ご縁があって、スーさんに作品を提供させて頂いたんですよ!!これが言いたかっただけです(笑)もう感激で鼻血ぶーでした!
ちなみに私、高木ブーと誕生日一緒です!
Yuka
鼻血ぶーからの高木ブー。このネタ、毎回使ってますよね?笑

桜子
あ、バレた(笑) 3月8日、散髪の日ですよ。どうでもいいですね、ほんと。

で、ポーチなんですけど、なんとスーさんから有難い事に5点もオーダーしていただいたんです!!! 

スーさんのラジオに出演されてるTBSアナウンサーの堀井美香さんにも1点オーダー頂いて本当に感激でした!

(桜子注:スーさんのオーダーに関しては、スーさんご本人からブログ掲載許可を頂いてるので大丈夫です!)

Yuka
えええええ、大ファンのスーさんからオーダー!すごい!そのオーダーはどこ経由だったんですか?Twitter?Instagram?
桜子

実はそのご縁をとりなしてくれたのが私の友人で、彼がスーさんのラジオのディレクターをしているんです。

彼の写真がたまたまスーさんのツイッターに投稿されたんですよ!!今日のスタッフ的な写真で。

それを見て私はおったまげて、速攻でその友人に連絡をとった訳なんです。その友人もポーチを3つオーダーしてくれて、もう有難いのなんの
Yuka
桜子ポーチ祭り!
桜子
ポーチ縫い狂いました!
Yuka
ポーチ自体もハンドメイドですよね?市販のポーチにペインティングしてるのではなく
桜子
はい!ポーチもいちから手作りです!ポーチ簡単そうだから自分で作ったろ、って思って作りはじめました(笑)
Yuka
ポーチって自分にとっていいサイズって意外とないですよね?市販のものだど、サイズはいいのに柄が変だとか
桜子
良い所をついてくれました!私に言っていただければ、ぴったりお好みのサイズでお作りいたします!(キリッ

スーさんも全て寸法を指定して下さって

ぴったりお好みのサイズのポーチ作ってくれる!

そんな桜子さんのブランドはこちら!

桜子ポーチのデザイン(一例)

Yuka
でもサイズ指定するのも逆に難しい(凡人の発想)
桜子
それもありますよね!

スーさんの場合は、とりあえず最初に私がいつも作ってるサイズをデフォルトで送って、そこからちょっと変更してもらった、って感じでした!

Yuka
スーさんからは、デザインの指定もあったんですか?
桜子
はい、デザイン指定はトランプ(大統領じゃなくて)で、あとは自由に描かせていただきました!

またファスナーじゃなくて、バネ式のポーチが欲しいとの事だったので、それまで作ったことがなかったのですが、調べたら簡単そうだったのでバネポーチにも初挑戦させていただいて。おかげさまで、そのバネポーチをショップのラインナップに入れる事ができました!

バネポーチは口の部分がバネになってて、ぎゅっと押すとパックンって開くやつ(擬音多過ぎ

これどす!
Yuka
こちら、スーモデル?
桜子
え….あ、はい、スーモデルです(笑)

トランプデザイン(大統領)はある意味凄い売れそうですけどね…

 

一足の靴が、誰かの人生を変えることがある

 
Yuka
そういえば、桜子さんがいまのHand-Paint Artistになられた経緯を聞かないといけないですよね、インタビュー的には
桜子
そもそものきっかけは、20歳の時にニューヨーク留学した時に友人にもらった贈り物です。

それがハンドペイントされたスニーカーだったんですよ。それにすっごくすっごく感動して、その後私も真似して友人知人にプレゼントで手描きのスニーカーをプレゼントするようになったんです。

こちらがそのスニーカー。スタバ桜子ver.

 
Yuka
ニューヨーク留学という甘美な響き!
桜子
いやいや、響きだけですけどね。そのあと鬱になって帰国しますし。後半へ続く….
Yuka
続きはCMのあとで。いやあ、真似してペイントできるのがすごいですよ!
桜子
いやいや、最初はすごく下手でした。今でもまだまだですが…
Yuka
今は自信持ってください(笑)スーさん悲しむよ
桜子
あ、じゃあ今はスーパースターです!(キリッ

それがもう8年前か〜(遠い目)

Yuka
はい、スーパースターにインタビュー中です。光栄です。8年!そこから、独学で?

身長150㎝の「小商い(こあきない)」

桜子
そこからポツポツ制作したんですけど、それを生業(なりわい)にしようなんて1ミリも思ってませんでしたね…
Yuka
ただの趣味だったんですか?
桜子
そうなんです!生業(なりわい)っていい言葉ですよね。

「小商い(こあきない)」も好きです。身の丈にあってる気がして。
Yuka
「小商い」って響きがかわいいですよね
桜子
私が身長150センチの4頭身なので、ちょうどいいかな〜って(笑)
Yuka
150センチ!ぎりぎりミニモニ。に入れないやつ。って、お若いからミニモニ。知らないですよね?辻ちゃん加護ちゃんですよ
桜子
いやいや知ってますよ〜。ミニモニじゃんけん
Yuka
じゃんけんぴょん!150センチは入会資格あったのかな?149センチまででしたっけ?(どうでもいい)
桜子
とにかくミニモニ。にすら入会できなかった私は、こうしてHand-Paint Artistになったんです!!!
Yuka
はい、ミニモニ。に入れなかったからHand-Paint Artistになったんですね!
桜子
空白の8年…
Yuka
そこ、ぜひ教えていただきたいのですが(笑)

またまた靴!フットウェアって…

桜子
まあそんなこんなしてるうちに
友達が ”お金払うから私にも作って欲しい!!” って言ってくれるようになりまして
Yuka
おー!理想的なパターン!無料サービスからの、頼まれて製作!桜子さんのニューヨーク留学は1年弱でしたっけ?その話はCMの後で?
桜子
それで本当に少しずつ、亀の子ペースで周りの友人、知人に頼んで頂けるようになってどんどん増えて言った感じです。続きはWebで!(もうWebだよ) ただ留学後に日本に帰国してからは普通にフルタイムで働いていたので、1年に3足とかの亀の子たわしペースでした
Yuka
帰国後、どんなお仕事されてたんですか?
桜子
米軍基地の中のデパートのフットウェア売り場で働いてました!
Yuka
米軍基地というと横須賀とか?
桜子
そうなんです!生まれも育ちも横須賀で、地元就職しました

きのこの山より、たけのこの里

Yuka
聞き忘れてたんですが、桜子さんの高校卒業あたりからの半生お聞きしていいですか?高校卒業直後にニューヨーク留学されたんですが?
桜子
遡りましたね(笑)

いえ、高校卒業後にアメリカのカリフォルニアのサクラメントに大学留学予定だったのですが、それがポシャってしまったんですよ。

私の叔母がSac City Collgeで教授をしているので、そこに留学する予定で叔母の家(か同じくサクラメントの祖母の家)にステイして学校に通う予定だったのですが生活スタイルとかの違いからそれが難しくなってサクラメント行きは中止にしました。

もう大学にレジスターとかもしてたんですけどね…でもどうしても留学したかったので、自分でお金を貯めて留学しようっ!と思って

Yuka
入学金とかも払ってたんですか?すごい!その心意気!わたしは24のとき、地元を離れて東京で暮らしたくて、親の支援を得ることしか考えていませんでしたw
桜子
払ってました!でも結構すぐキャンセルしたので、ちゃんと全額戻って来ましたよ!実は、全ての留学費用は自分ではカバーできなくて、父にかなり援助してもらいました。
Yuka
返金されたんですね!よかった。わたしなんて今でも…今年34になるのに(小声)
桜子
いえ、私もいまでもたけのこの里とかチキンラーメン送ってもらってるから同じです…!
Yuka
たけのこの里(笑)

英語ができなくても働ける?ベース(横須賀基地)のスタバに遊びにいく日々 

桜子
サクラメントへの留学がダメになって、自分で資金を貯めるために米軍基地のスタバでバイトを始めました。そこでTomomiと出会う訳です!!
Yuka
なるほど、Tomomiさんもそこのスタバだったんですね!米軍基地ってまったく入ったことがないんですけど、スタバも普通のスタバと違うことありますか?採用基準はやっぱり英語ができないとだだめ?というか、できないと本人がつらそうですよね、その職場(笑)
桜子
うーん違いといえば扱いがドルなのと、お客様が90パーセントアメリカ人って事くらいですかね。円もオッケーだった気がします。

いや、ペラペラじゃなくても、基本的な受け答えhello, yes, no , how are you , this is a penくらい言えれば、って感じですよ!笑

接客時間が短いんで、ほとんど定型文でなんとかなっちゃう感じです!

私がスタバのバイト始めたきっかけが、高校の同級生が働いていたからなんですけどその子とTomomiと他の同年代の子のおかげで、毎日遊びにいってる感覚でした。

バイト仲間の送別会でテンション上がりすぎっちゃった図

知られざる、ベース内のスタバあるある

Yuka
米軍基地内のスタバだからこそ、おもしろエピソードあれば教えてください!(海外移住関係ない)やっぱり横須賀だと、米軍基地って親近感?というか当たり前って感じなんですか?
桜子
そうですね、街でアメリカ人の方を見かけても特段驚かないですね。横須賀市民は基地の事をベースって呼ぶんですよ(ご存知でしたらすみません)

ベースならでは、と言えばお客様がみんなチップを置いていってくれるんですけど日本のスタバなので、もちろんチップは受け取れない。

で、その小銭がスタバのレジの見本のカップに溜まって行くんですよね。アメリカのスタバだとチップ払う人もいるし、払わない人もいると思います。基本的には払わなくて良い、ですね!

でも多分みんな小銭がジャラジャラするのがいやで、それを置いて行く感覚なんだと思います。

ベースに店舗を構えていたんですけど、スタバ自体はスターバックスジャパンだったので、チップの行き所がなかったんですよね…公式に売り上げにもできないし、レジに入れたら売り上げ合わないし…って事で、放置されてたので、店長の方針によってスタッフのおやつ代になったり、どこかに寄付したりしてましたね。

あ、あとお客さまに日本語が通じないのを良い事に
「この人イケメン!」とか「イケメン来たよ!!!!」
とか言い合ってました(目の前で)でも時々日本がわかるお客様だったりして
どひゃーーーっとなるというドリフ的な(笑)
Yuka
えっと、高木ブーの誕生日っていつでしたっけ?
桜子
散髪の日ですからねっ!

ドブ板で半裸!

Yuka
ありがとうございます。桜子さんのアメリカ人のご主人も横須賀のネイビーですか?やっぱり、ベース内でそうゆう社内恋愛みたいなの多いんですか?
桜子
そうです!ネイビーです。彼が横須賀勤務の時に知り合いました!

ベース内恋愛?ベースで働く女の子が軍人とデキるって話ですか?下世話ですみません(笑)
ぶっちゃけ
すーーーーーぱーーーーーー多いです!!!
ドブ板って呼ばれる飲み屋街がベースのすぐ外にあるんですけど、そこは半裸スレスレのセクシーな服に身を包んだ(包みきれてない)オネエちゃんがわんさ、と繰り出して来ます。
結婚する人もすごーーーく多いです!!私の周りでざっっと10組はいます。
Yuka
包みきれてない(笑) おー!でも、軍人さんって数年おきにベース変わりますよね?いまは、シアトル基地?(そんなのあるのかな)

シアトルだけど….島暮らし?!

桜子
そうなんです!彼は横須賀の後にWhidbey Island(ウィッビー島)にある基地勤務になって。この基地はシアトルから2時間くらい北上した田舎にあります!私たちも島住まいなので、通勤は10分くらいです。

年下夫、アンドリュー氏。

アンドリュー&桜子のカヤック。

Yuka
桜子さんも当分、島暮らしですか?
桜子
あと1年半は島暮らしですね。

でも1年半後に退役するので、その後はもう少し便利な所に引っ越そうか、と話してます。今は島に住んでもうすぐ2年になります!

全財産かけたニューヨーク留学にきちゃった!

Yuka
なるほど。そのベースのスタバには何年働いていたんですか?
桜子
2年間働いてました!地元のモールの腕時計屋さんのバイトと掛け持ちしてました!

そのあと念願のニューヨーク留学をします。
念願のニューヨークに行って、最初の3ヶ月は語学学校に通って、そのあとPARSONS(パーソンズ)というデザインの学校でCertificateのコースを開始しました。これが目的で行ったんです!

パーソンズのエレベーターホール

Yuka
あの有名なパーソンズ!ティム!
桜子
あ、ご存知ですか!
Yuka
もちろん!じゃあ、やっぱりもともとアートというかデザイン系がお好きだったんですね!

憧れのインテリアコーディネーターになるために名門パーソンズへ!

製図のためのあれこれ

桜子
私はインテリアに関わる仕事がしたくて。すごく憧れがありました。

インテリアコーディネーターになりたくて、パーソンズでインテリアデザインのコースを受講してました。
Yuka
そのパーソンズは入学するのに、どんな準備が必要だったんですか?書類とか試験とか
桜子
私が取っていたのはcertificateと言うコースで、社会人向けだったので試験とかはとくになくて、お金さえ払えば誰でも(笑)試験は特になくて、コースの空きがあれば、誰でも受講可能です。ただフルタイムの学生ではないので、学生ビザが降りないんですよ。だからビザは語学学校の方から出して貰ってました!昼は語学学校、夕方〜夜/土日はデザインって感じでした! お金がなかったので、古着屋でバイトもしてました。

語学学校にて。

Yuka
パーソンズに通いながら語学学校には通い続けてたんですね?すごいバイタリティ!
桜子
通い続け…て…い…た

強制送還されない程度にギッリギリの出席日数で通ってました。

いや、そのバイタリティが無くて鬱になりました(笑)
はいきたーー!
Yuka
お待たせしましたー!

桜子、ニューヨーク留学で鬱になる

鬱になった原因その1『早すぎるホームシック』

桜子
鬱になった原因その1・ホームシック(早い!)それまで一人暮らしもした事がなかったのと、友達が全くできなくてホームシックになりました。ニューヨークではハウスシェアをしていて、そのルームメイトが日本人の女の子で(今はインドで働いてます!!ぜひインタビューを!!!)その子が唯一の友達でした。彼女が本当によくしてくれて、その子がいなかったらマジでハドソンリバーに身投げしてたと思います。
Yuka
よかった、お友達がいて! ハドソンリバー!飛行機不時着ニュース以来、久しぶりに聞きましたわ

弱った心にトドメの一撃、BGMのパンク音楽

桜子
初対面の人と話したり、新しい人と打ち解けたりするのはそこまで不得手では無いんですけど、語学学校もパーソンズも、クラスメイトがみんな年上で。特に語学学校の方はみんな殆どビザのために在籍してる、って感じの人たちばっかりでみんな働いてたり、なんだりで忙しそうだし、パーソンズの方もクラスメイトはほとんどが社会人、しかも高い学費を捻出できるくらいだから、みんなそこそこ稼いでて、キャリアある感じの人ばっかりで全く歯が立たず。

バイト先は古着屋だったんですけど、search and destroy っていうめっっちゃパンクなお店で、日々流れるパンク音楽に耐えきれず、辞めました…
Yuka
でも面接のときも、その前からもずっとパンクなお店ですよね?笑
桜子
私、結構パンク好きで最初はよかったんですけど、弱った心にパングがぎょんぎょん攻めて来たんですよ…バイト中にトイレに立てこもって、”もうだめだ” ってなりました。
Yuka
なるほど…

鬱になった原因その2『精神病棟みたい?!シェアハウスでの出来事』

鬱の原因その2、の現場

「最初は全て真っ白なのが良かったんですけど、鬱になってからは ”なんか精神病棟みてえだなおい…” と鬱を加速原因にもなりました」(by桜子)

桜子
それだけじゃなくて、鬱になった原因その2。これは本当カットしないとやばい内容なんですけど、ハウスシェアで本当にありえないようなことがあって。

引っ越したかったんですけど、本当にお金なかったし、ホストである日本人の奥様がすっごく良い人だったので。
そして、ますます鬱っていきました。
語学学校にもほとんど行けなくなって家で違法ダウンロードした映画やドラマ(英語の)を見続けて英語の勉強してました。
今思うと、あそこまで病んでたんならさっさと日本帰ってくればよかったのに…って感じです。
でも最初に1年行く!て周りに宣言した手前、途中で帰るっていう発想がなくて。もっと長く行く金銭的余裕がなかったんですけど。これも今思えば奨学金とか、学資ローンとかあるのに、って感じですよね(笑)
私、物事をよく調べずに ええーーーい!やったれ!! って飛び込む悪い癖があって

でも、結局はEverything happens for a reasonだから

Yuka
あ、その癖、聞いたことある…どこかのインタビューで…
桜子
あ、私も読んだことある気が…
Yuka
というか、わたしも同じです(笑)今思えば、ってこと、たくさんありますよね
桜子
そうなんです!本当に当時の自分をぱんちしたい場面ばっかりです!
Yuka
当時はそれでも一生懸命考えたり判断したはずなんだけど、、、、
桜子
その時はベストなつもり!

でもその時があるからこそ、今の自分があるんですもんね。
everything happens for a reason ですよね
Yuka
まあ、そのまとめになりますよね(笑)『おかげさま変換システム』
桜子
また、あのインタビュー(笑)
Yuka
Tomomiさん、何度もすみません!

ブルックリンといえば、のブルックリンブリッジ!

高卒の桜子、アメリカ横断の旅に出る

桜子
パーソンズはcertificateを取るまでにあと1クラス、と言う所で帰国しちゃったんです。そのクラスはオンラインでも取れるやつだったので、日本で取ればいいや、と思って!

日本帰国前にアメリカ横断の旅に出ました。

結論から言うと、そのオンラインクラスも日本帰国後に取らず結局未修了です。オワタ…
なので、結論から言うと、私は高卒です。そもそも高卒(笑)
Yuka
今からでも取れるんですか?
桜子
いやcertificateは一定期間内に全行程修了しなきゃいけないので、あとからたりない分を撮り直すって言う事ができないシステムでした…確か1年以内だったかな?ちょっと詳しい事は失念してしまいましたが。

 高い学費と留学生活を無駄にした罪悪感で、日本帰国後も鬱は悪化します。

でも今でもアメリカ横断旅行(全て列車とバス)はすごく思い出深かったので、してよかったです!
ニューヨーク、ボストン、シカゴ、デンバー、ニューメキシコ、サンディエゴと旅して、サンディエゴから日本に帰りました!
Yuka
旅!わたしも今すごく旅に出たいんですよ!どこか遠くに!いや、隣のラオスとかでもいい。と言いつつ、今日は休日ですが1歩も出る気ありません(笑)フードデリバリーとると、コンドミニアムのロビーまで降りていかないといけないのでめんどくさいので自炊です。高層階に住んでいるで。エレベーターあるんですけどね

憧れのインテリア業界に…あれ?入れない?

「このクッソ高い教科書、のちに紛失しました」(by桜子)

桜子

話戻していいですか?
まあその横断を経て日本に帰ってきて、帰国前から色々就職先を調べて、絶対この会社に入りたいっ!!!!!!!!!!!
っていう所を見つけたんですよ!それは東京のインテリアの会社で。
そこにすごいパッショネイトな履歴書と、今思えば全然ヘタレなポートフォリオとか送りつけたら面接してもらえて、その後1度現場においで、と呼んでいただけて。
現場に行ったんですけど、まあ平たく言うと
あなたはガサツすぎて、この仕事向いてないよ!
って言われて終了しました(笑)
Yuka
ガサツ!
桜子
あとは遅くまで都内で作業があったりするから、横須賀住まいなのがネックだと言われて「もし採用になったら都内に引っ越せますか?」って聞かれたんですけど

今なら光の速さでYES!!!!!と答えますが、その当時はNYから帰国したばっかりで横須賀の実家に住みたかったのと、本当に本当にお金なかったので

『あ、あの引っ越し資金が溜まってからでも良いですか…?』
みたいなふざけた事を行って、せっかくのチャンスを台無しにしました…
でも、その前に「あなたはガサツだから〜」発言があったので、横須賀関係なく、それでなくても無理だったかも知れませんが。
そのあと都内と横浜、川崎辺りで手当たり次第インテリア、住宅関係の会社とかインテリア雑貨のお店とかに履歴書を送るも、全滅…
インテリアショップのバイトですら面接してもらえず、本当に堪えました…
そして半年程ニートになります…ダメすぎですよね…
その間は本当に病んでて(笑)
 
日中ふらふら海を見に行ったり、カフェとか図書館で、ひたすらペン字練習帳で字の練習をしてました。

海外移住女子の共通点は、元⚪︎⚪︎で漢字が書けない?!

 
Yuka
大丈夫!わたしも元ニート! でもペン字習字やってなかった!いまでは、外国人の名前を漢字で当て字にしてくれ、と言われても書けないカラダに…(ローマの桃伴)
桜子
私の周りで今海外に住んでる子ってみんなどっかで、ぽっかりニート期がある気がする…私も漢字かけないです(笑) そんな大絶賛鬱ニート期を経て、やっとベースのフットウェアのお仕事にありつきました!
Yuka
あはは、海外移住女子の共通点!ニート&漢字書けない!

帰国後、古巣のスタバでは働くつもりが…

桜子
最初はホリデーシーズンの短期(半年契約)だったのですが、その後無事に更新してもらって、結婚するまでの3年間働きました!
Yuka
ニート生活終わらせようとして仕事見つけに行ったのは、ベースのスタバじゃなかったんですね
桜子
実はベースのスタバに戻りたかったんですけど、その時はまだインテリア関係の夢を捨てきれなくて。古巣のスタバで面接して頂いた時に「インテリア系のインターンとかをしながら掛け持ちしたい」っていう事を言ってしまって、その時の店長さんに「じゃあ、そっちを頑張って!」と断られてしまいました。そして、結局インターンすら見つからず終了….
Yuka

狭き門なんですね、インテリア関係の職場は

桜子
そういう事にしておいてください!その方が私の自尊心が保てます(笑)

すみません、ちょっとかっこよく英語で言っちゃいました

Yuka
その間も亀の子たわしペースで靴にデザインされてたんですよね?
桜子
亀の子たわしデザイン(注:Hand-Paint)は、フットウェア販売を始めたあたりからやりはじめましたね!

ニューヨーク留学中と帰国後は鬱だったので、それどころじゃなくて。

あの、フットウェアって最初にめっちゃカッコつけて書いたんですけど、靴売り場の店員のことです。いまさら言いますけど(笑)

Yuka
ええ、薄々感じてました(笑)
桜子
よかった!なんで最初にハードルあげたんだろって一人でヤキモキしてました(笑)
Yuka
ニューヨーク留学から帰国してニートやって、その後ベースの靴屋さん店員をしているときにネイビーの彼と出逢って、彼がベースを移動(専門用語でなんていうのでしょう?)するタイミングで結婚して、桜子さんもアメリカに移住されたんですか?
桜子
そんな感じですね。ちなみに結婚したのはアメリカで、です!

それからすいません。結婚して移住する前に、あの⚪︎⚪︎ホール事件があったんです!

渋谷で〇〇ホール事件!

Yuka
あ、それ聞かなきゃだめな話。最初のメッセージに書いてくださったやつですよね!
桜子
実は靴屋の店員でいる事に、1年半くらいで飽き飽きして。

しかも窓がなくて、太陽光入ってこないので、本当昼夜がわからないんですよ。最悪でした
Yuka
窓大事ですよね!!わたし、ベトナムに住んでいたときにうっかり惚れてその場で契約しちゃったお部屋に窓がなくて。立地がめちゃくちゃよくて、ワインバーの上だから90年代トレンディドラマ?みたいな展開期待したんですけど(なにそれ)窓ない!光ない!人間の尊厳守られてない!ってことで3ヶ月もたずに引っ越しました
 
桜子
辛いですよね…3ヶ月も良く持ちましたね!!!あ、もってないか(笑)でも凄い
Yuka
ベトナムのその部屋に住んでたときは、トータル1ヶ月近く海外旅行で不在にしてたのと、当時大恋愛をして有頂天だったからもちこたえたんだと思います
桜子
あーーー1ヶ月の不在は大きいですね!そして大恋愛も!!!

大恋愛してればそれが人生の太陽ですもんね!!(誰うま
Yuka

すみません脱線しちゃった。靴屋に窓がなくて?

 窓ないところから脱線しすぎ…
桜子
そうなんです、まあ良くも悪くも単調なお仕事で飽きちゃって転職をしようっ!と決意したんです。

でも横須賀から通える所がいい!(出た)

と言う事で見つけたのが横須賀にある旅行代理店で面接してもらえる事になりました。
その代理店は本社が渋谷にあって、そちらで面接する事に…面接官である社長(?)が外国人男性で終始やりとりも英語で、面接も英語でした。
面接開始してまずは自己紹介をしますよね。
その自己紹介の途中で遮られて(”もう良いから” って感じで)
面接官:あなた、こっち(渋谷周辺)に引っ越してくる気あんの?
私:え、ないですけど(またーーーーーー!!!)
私: だって求人は横須賀支店で出てますよね?
面:あんたが本当にやる気あるんだったら、渋谷で働くべきだし、こっちに引っ越してくる覚悟を持ってるだろ
私: いや、私は地元ラブなので横須賀民の方々に貢献したいんですよ〜
(となんとか持ちこたえる。実際は、彼(現夫)と横須賀で同棲していた)
面: はあ〜?そんな事言って、どうせ横須賀のネイビーの男を漁ってるんだろ?いまでもベースで働いてるみたいだしそこでネイビーの男と仲良くやってりゃいいだろ。
はい、帰って。と履歴書を突き返されました。
私:ぽかーん。
あまりの出来事にちょっと笑いそうになってしまいました。(これが世に言う圧迫面接ってやつか!!!!)と。
でもさすがに腹が立ったし、現にネイビーのボーイフレンド(現夫)がいたので、余計イラっと来てしまったんですよね。
それでちょっと反論しようとしたらちょうど会社の電話がなって、面接官(社長、だと思われる)は電話の応対をはじめてしまいました。
で、手でシッシ(出て行けの仕草)を私にむかってやってきて私は電話が終わるまで待つ事にしました。
部屋の入り口で彼を直視しながら直立不動な私。電話の向こうの相手の事もきにする事なく ”早く帰れ!” と私に言ってくる面接官。それでも動かない私。
これを繰り返した後、面接官はやっと電話を切ったので、私が ”あなたの態度はビジネスパーソンとして間違っているし、とても非礼ですよ。私がこのような扱いをうけるいわれは全くありません。”
 
って言ったら相手がかなり激昂して ”俺のオフィスに来て俺の仕事ぶりに指図するったぁあどういう了見だぁあああ???はやく出て行えええ!!!!”
 
Yuka
おおおおおおおおおおおおおお

桜子さんすごい!

かっこいい!普通言えない!
桜子
私はそれに怯まずに”いやいや、そういう事じゃなくて、ちゃんと冷静になって話しましょ?って言ったんですけど、相手はもう鬼の形相で同じ文言を繰り返すばかり(笑)

”Get our of my office !!!!!!!!” って凄い剣幕て怒鳴ってる相手をみて
(大人が怒鳴ってるとこすげー久しぶりに見た、かえろ)
と思ってエレベーターに退散。
相手は部屋の中からまだ怒鳴ってるので私もだんだんムカついて、エレベーターが閉まる前に思いっきり
F*CK YOU  ASSHOLE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
と叫びました。多分人生で一番でかい声を出した瞬間ですね。
Yuka
でたー!

そして、エレベーターが閉まる前!ちゃんと護身!
桜子
そのあと扉が閉まるなり向こうはエレベーターに到達して、扉をバンバン叩きながら ” F*ck you bitch!!!!!!””” と叫んでるのが聞こえました。

まじで追っかけてくるかと思って、ビルの外の喫煙所でリーマン達の影に隠れました!

Yuka
150センチが役立った(笑)そんな会社で働かなくてよかったですよ〜
桜子
本当ですよね!!!

私の後に採用になった子の事を思うとガクブル…
あ、そういえば電話切った後の押し問答の時に  ”俺はネイビーの長官達も顧客なんだからな!” 的なすごーーーくどうでも良い情報を織り込んできました(笑)
Yuka
So what?すぎますね、その情報(笑)
桜子
ほんとそれですよ〜

I don’t give a f*ckって言えばよかった(やめましょう)
そんな感じで転職は断念しました。早!
Yuka
なんの会社の面接受けに行ったのか忘れてましたw

旅行系ですね
桜子
そうです(笑)
Yuka
ちょうど先日、はままりさんの『I am a WOMAN』という記事を読んでいたので、桜子さんの⚪︎⚪︎ホール話を聞いて、すごー!と思ったのですよ。
桜子
これは頭くる!!!!!

私だったら光の速さで
F*CK OFF!!!!
って言ってますね!そして逃げて隠れる!
実際ベースで働いてた時に同僚(違う部署)の奴に言った事あります。この話はやめときましょうか。
Yuka
やめときましょう。

それで、ベース内の靴屋さんで働き続けたんですか?

桜子、結婚しました!やっとアメリカ移住!

年下夫、アンドリュー氏。

桜子
そうなんです!で、やっと移住です。すいませんお待たせしました(笑)

2014年にアメリカに引っ越してきて(フィアンセビザを使って入国)、亀の子たわしスピードでペイントしつつ、クラウドソーシングでお仕事もらって、在宅でキュレターライターの仕事をしてました!
(クラウドワークスさんなんかで仕事をみつけて、留学や海外在住の情報系を主に扱ったまとめ記事など)
Yuka
なるほど。当時からクラウドソーシングされてたんですね!早い!
桜子
私は車が運転できなくて(免許を取ろうと思ったけど、怖すぎて延期)必然的に在宅ワークになった感じですけどね(笑)

本当に今年中に免許とりたい…って、今年ってあと3ヶ月ちょっとしかないんですね…無理ゲーです。

ズバッと爽快!ベルリン在住フリーランスのイラストレーター高田ゲンキさん

Yuka
わたし、桜子さんとお話するのは今回が初めてなんですが、実は桜子さんの過去のTweetを覚えていて。桜子さん自体をフォローしていなかったんですがベルリン在住のイラストレーターの高田ゲンキさんという方がRetweetされてるのを見たんですよ。

このあたりは、桜子さんのブログ『インフルエンサーと憧れが世間を変える』に詳細書かれてましたよね!

桜子
えー!私のTweet覚えててくださったんですか?うれしい!

あの記事は、私のブログのなかで唯一日記じゃなくて、ブログっぽいやつですね(笑)
自分のブログがただの日記だと言う事は気づいてたんですけど、最近はちゃんとブログっぽく記録もしていこうかなって思ってます。思ってるだけで、まだブログ移行できてない…
Yuka
ワードプレスへの移行がんばってください(笑)

桜子さんにとって、高田ゲンキさんにグッとくるポイントってなんですか?

桜子
ゲンキさんの、ズバッと爽快なところですね。

ご自身が培ってきたノウハウ等を惜しげもなく、積極的に次の世代にバトンにして渡してくれているところです!若いフリーランサーたちに、アドバイスや激励、共感等のメッセージをtwitterを介してダイレクトにやり取りされているのを良く拝見しますし、現に私も直接リプライして頂いた事も何度かあって、本当に感激しました! なんだろ、ゲンキさんへの想いがすごくあるのにスッカスカな感想しか言えない(笑)
現時点で最新(たぶん)の、高田ゲンキさんへの取材記事はこちら!

プロブロガー るってぃさんの取材記事です。

『ベルリン在住フリーランス高田ゲンキ氏に聞く、「海外で働く」と「日本との教育の違い」に期待すること』

 

Yuka
確かに!あとは、海外フリーランスという立場として気になる存在でもあると?

ブログにもかかれてましたね!
『しかもフリーランス、海外在住、イラスト、このピンポイントだけ掻い摘むと私と完全に一致
勝手に親近感も沸き、すぐにファンになりました。
*私はフリーランス、とはちょっと違いますが。』
桜子
ふははは!

恥ずかしすぎる!よくこんな事言えたな私!って感じです。ゲンキさん、すみません…
Yuka
いやいや、桜子さんも海外フリーランスですよ!
桜子
あ、そういわれればそうでした!

海外移住 x フリーランスをやってる女子は間違いなく濃ゆいし、ぶっとんでる(すくなくとも日本ではぶっ飛びキャラ)が多いですよね。

4人兄弟の末っ子のアメリカ移住、ご家族の反応は?

Yuka
そうそう、恒例の質問なので一応聞いておきますが。桜子さんがアメリカ移住するときのご家族の反応は?
桜子
「ふーん。遊びに行くね!」でした。
Yuka
でた(笑)うちと一緒!それは、桜子さんが何歳のときですか?
桜子
えーと24ですね!

実は私、アメリカに引っ越してきて1年後に日本に戻ってるんですよ、約1年間。というのも、旦那が航海にでてしまいまして。ネイビーでは結構普通なので、全然驚きはしなかったんですけど、予定にはなかったのが急に決まって。それで私は車も運転できないし、アメリカに1人でいても何もできないので日本帰るわって。
その間に横須賀で働いてお金貯めて亀の子たわしペースでペイントを続けて。そこで貯めたお金と、こっち(島)に引っ越してきて半年やってたバイトで貯めたお金を開業資金にした感じです!
そんな感じで行ったり来たりなので、私の両親も兄弟も「へー今回はいつまで日本にいるの?」「次はどこ行くの?」みたいなノリでした。

桜子、月給2万円のHand-Paint Artistになる!

Yuka

開業しようと思ったのはいつころですか?島ではどんなバイトできるんですか?

桜子
開業は最初にアメリカに来た時にちらっと考えたんですけど、その時は貯金をすべて移住とかビザに使ってしまってたので保留したんです。

旦那が航海に出ちゃって、ひとりで日本に凱旋帰国している1年間にどんどん気持ちが固まっていった感じですね。それでもやっぱり最初はフルタイムでアーティストなんて食べていけない…と思ってかなり躊躇してたんですけど。
島ではケーキデコレーターのバイトしてました!
 
Yuka
ケーキデコレーター!

それも結構ハードだったんでしょうね?
桜子
そうそう、そうなんです!

手根管症候群とかいうやつになって腕が痺れて鉛筆持てない感じになって(ペン字できない…)これでペイントできないのはまじで嫌だしと思ってやめました。あと、ケーキに飽きたのもあります。
Yuka
ペイントできないのは死活問題!
桜子
ありがたい事に夫はずっと「はよ開業しろ、はよ開業しろ」とサポートしてくれていたので、私がバイトやめてHand-Paint Artistになるって言ったら「あ、やっと辞めんの。よかった」というドライな反応で。

私、結構悩んだんだけど…ってなりました(笑)
開業したのは、今年の3月です!あ、2月かも?まあその辺です。そして月給2万の今に至る、と。
収入は月によりますけど、今月はイベントがあったので売り上げが500ドル近くあって。また、そのイベントのおかげて大口のオーダーが入って、それがさらに500ドルくらいなので、そんな感じです。(雑

それ、全部置いてけ。

Yuka
桜子さんは、留学もされているし、アメリカ移住後にも日本と行き来しているので海外への引越しは慣れてそうですよね
桜子
そうですね。こうして幾度もアメリカ⇄日本間の引っ越しを繰り返して気づいたことは

それ、全部置いてけ。
です(笑)
Yuka
それ、ぜんぶ置いてけ。ズバッと。高田ゲンキ風!(なのか)
桜子
私、結婚してアメリカ移住するときに日本からわざわざヨガマット持ってったんですよ!アメリカに。

アメリカでヨガマット買えるから、って当時の自分に言いたい(笑)

それから、これから海外移住しようと思ってる女子のみなさん、日本の化粧水とか持っていきたい気持ちはわかる!
でも、あんたこれから数年もの間それに頼るんかい?
Yuka
あーそれ昔のあたいだよ!
桜子
かくいう私はアマゾンで日本の化粧水パックを購入してますが(笑)

でもそれは買えるから買うのであって、買えないならもちろんこっちにある物でなんとかします…たぶん。

Yuka
私は4年くらいかかったかも。現地調達でいいや、って思えるまで(遅い

アメリカと違って東南アジアは日本近いからすぐ買えちゃうの。出張者とか友人も遊びに来るし
桜子
ああ、いいなあ羨ましい!
Yuka
でもまあ、現地調達が一番ですよねー。

わたし、いまミニマリスト目指しててストックを増やしたくなくて。

(目指してるから、まだなれてはいない)
桜子
私もめっちゃ目指したいです!目指したいだけ!

Yuka
全部捨てたい欲求にかられてます!
桜子
わかります!!!!!!!!!!

日本からダンボール何箱か荷物送ってこっちに届いて開けた時のあの、なんともいえない虚無感。

オレの人生…なんやったんや…感
Yuka
(爆笑)
桜子
本当にほぼ、靴と服。

なんでこんなの入れたんや、と。あとはくだらないガラクタ(笑)
唯一私が送ってよかったと思うもの、そして今後も送るだろうと思うものは本ですね。このご時世にすごく非合理的な物質なんですけど。
Yuka
でもやめられない、と

いいんじゃないですかね
桜子
電子書籍だと中古の値段がなかなか無いので。という貧乏根性(笑)

あとまあ本当よくある話ですけど、やっぱ本は紙が良いなあっていう想いもあって、まだ一度もKindle買ったことないんですよ!

桜子
でも本当にすきなも以外はどんどん処分してます。お気に入りの作家さんの作品だけ、単行本で揃えて。

なので、海外移住の引っ越し費用とかを考えて、あー無理ってなってる方がいたら言いたい。
とりあえず、全部置いてけ、そして金はなんとかなる!
とりあず何かモヤモヤしてる場合は、まずは”当たり前”とか ”常識”とかいう概念を一回オフにする必要がありますよね!
Yuka
それは大事かも。

あと某インタビューによると、アラサー女子が海外移住をためらう理由は

帰国後のキャリアと、婚期ですかね。
あとは英語力、貯金額、出産のタイミングかと。
ですって
桜子
これ読んで、グサーってなりましたもん!

やっぱり婚期、そしてシビアな問題「出産」っていうのがありますよね

Yuka
確かに。

婚期もなんとかなると思ってるので何も考えてないんですが
桜子
出産はとにかく体の事だから自分の心でコントロールできるものでも無いですしね。それまでに、いろいろやっといた方が母ちゃんとしても振り幅が大きくいられるっていうか。これはあくまで私の考えなんですけど、30前とかで結婚出産して、そっからもうずっと、自分のアイデンティティは ”お母さん” な訳じゃないですか?
Yuka
⚪︎⚪︎ちゃんのママ、とかね
桜子
そう!

働いてても結局 働く”ママ”
LINEとかの名前も”OOママ”
もちろん子育てがそれだけ全力を要する事だって事はわかりますし私だって将来子供欲しいのでアンチママ活ってわけじゃないんですけど。
いままで20~30年いろーーーーんな事を自分なりに見て、聞いて、考えてきたのに結婚して出産して、子供が育つまで自分はさておき、by the waysideに行っちゃっていいのかい?って思ったりします。
もちろん子育てしながらいろいろやってる”働くママ”もたくさんいるし、みんながみんな自分らしさを失ってしまう訳じゃないですし。
婚期や出産のことを考えて海外移住とか、キャリア人生設計で迷ってる方を見てると、まだ見ぬ未来が今の自分の選択を狭めてしまってどうするんだ、って感じてしまうんですよね。
ちなみにこれは自戒の念も含めて言ってます(笑)私も人生設計の事を考えていろいろ二の足を踏むことが本当に数え切れないくらいあったし、今でもあるので。
やっぱりその選択をするのが怖い背景には、人生のレールの固定観念があるからだと思うんですよね。

それでもやっぱり、レールの上を走りたかった。今もそうかもしれない

Yuka
レールね、私がずっと気にしてたやつ。
桜子
私も気にしてました!いや、気にしてます。こう見えても。
Yuka
え、全然見えませんけど(笑)

あくまでもさっきのは桜子さんの意見ですけど、実は少なくない人が思ってるけど言わない、でも思ってるから言いたい、でも、、、ということだと思います。

これもレールかもしれませんね。はみ出したくない。
桜子
たぶん海外移住女子の多くが思ってることですよね。
Yuka
「人生を想定したことなんて一度もないのに、想定外だと思うことはよくある。」
みたいなフレーズが江國香織の小説にあったような。ちょっと正確ではないんですけど。
桜子
うわーーーそれ!おもしろいですね!!

潜在意識の中の想定
=レール
なのかな?
私はこんなに早く結婚するなんて思ってなかったです
てかむしろ一生結婚しないと思ってました(笑)

一緒にいたいから結婚した、ただそれだけ

本日3度目のご登場、アンドリュー氏。

Yuka
桜子さんが結婚を決めた決め手はなんだったんですか?
桜子
彼がアメリカ人なので、結婚しないと夫と離れる事になってしまうのでそれは選択肢になかった感じですね。一緒にいる手段としての結婚です。

Yuka
なるほど。それって自然な感情ですよね
桜子
なので、逆に言うと、夫が日本人で(というか何人だろうと)日本にずっと住んでる人だったら結婚してないままかもしれないです。

これもまた自戒の念をこめてますけど…って、さっきからすべて自戒の念をこめすぎてる(笑)結局、結婚なんてゴールでもなんでもなくて、ただのスタートですからね。ゴールインとか言ってる場合じゃねえよ、そっからが本番だぜって話じゃないですか。「ケーキ食ってる場合じゃねえよ、金貯めろ」っていう。これもスーさんが言ってたんですけど。

Yuka

スーさん!釣りバカじゃないほうね。
桜子
あれが必要、これが必要っていろいろ条件をつけるよりも、今あるものでベストを作るのだよ、と仰ってました。

そう、はまちゃんじゃなくてスーさんが。

まだまだ語ります、桜子のジェーン・スーへの想い

Yuka
スーさん〜!

ということで、ジェーン・スーさんの本を読んで、全部置いて海外に出ろ、と(強引なまとめ)
先生、ジェーン・スーさんの本は持っていってもいいでしょうか?
桜子
もちろんです!
海外移住女子のブログでインタビューしてもらっているのにスーさんスーさんうるさくてすみませんが、もう少しいいですか?笑
私がスーさんのファンになったきっかけはTBSラジオの「たまむずび」ていう番組でスーさんの担当コーナーなんです。
その後、スーさんのラジオ番組「相談は踊る」も拝聴するようのなって、どんどんのめり込んで行きましね。好きなところはやっぱり、すっごくリアルなところ。相談に答えるときも、綺麗ごとでまとめるんじゃなくて、ザッと斬る時は斬る。
あとは良い意味で「庶民的」な所が凄く親近感がわいて好きなんです!
ゲンキさんへのスッカスカの返答も含めて見てみると、私はズバッと爽快な人が好きな傾向があるみたいですね(笑)
 
今思ったんですけど、海外に出るなりなんなり、自分がやりたいこと、行きたいところを自分の”持ち物リスト”にいれない限り、いつまでたっても”あれ欲しいこれ欲しい”の”欲しいものリスト”のままなんですね。
だから、今あるものでベストを作っても、結局持ってる物が好きな物とか、興味のある物じゃなかったら、結局そのレベルのベストしか作り出せないって事ですよね。
なので、もし海外に出たいと思ってる人が日本にいたままだったら、結局は日本ベスト版しか生み出せない訳ですよね(笑)
私は日本大好きですし、日本でやりたいことをやってる人をsageてるわけでも、海外移住をage てるわけでもなくて。
ただたんに、って話です!Yukaさんには、わかっていただけてると思いますが。
Yuka
これ、わたしもです!

わたしもブログにあえて書いてますが、そうなんですよね。
海外在住者の中には、日本死ねみたいな、日本がすごくイヤでイヤで出た人もいますけど、わたしの場合はそうではなくて。
あ、なんかおもしろそう!ってほうにふらふらーと行ってみたらそれが日本国外だった、というだけで。今でも日本だいすき!というか、一時帰国の前になると、日本滞在中に食べたいものリスト準備するくらいです。早く帰って美味しいもの食べたい。このへんのニュアンスって難しいですよね
桜子
海外在住の人はそういうスタンスの方すごく多いですよね!!

私もです!!
日本帰って、いくら丼食べたい。あとは明太子とか。
魚卵ばっか(笑)

桜子特製コラージュ(笑)

Yuka
プリン体…
桜子
もうプリンみたいな腹してるんで、大丈夫です!笑

月給2万円の私が言うまでもないんですが、フリーランスが会社員よりも秀でてるんじゃなくて。そういう選択があるんだよ、って事を言ってるんだよぉおおおおおおおって感じですよね。

情報はいつもそこにあった。気づける自分がいなかった。

Yuka
そう、多様な選択肢!

人間って、自分のイメージしたものからしか選択できない生き物だからその選択肢を増やすことができたらな、って思うんですよ
桜子
たとえば、私も昔はそうだったんですが、日本にいて ”ん?なーんか生きづらいぞ?”って思った人は、こういう生き方もあるって知っておいて損は無いですし
Yuka
あまり得でもないかもしれないけど(笑)

わたしの場合は、医学部受験に失敗して、さらに1度入った薬学部を中退してからも、まだしつこくレール(そんなのあるんかい)に戻ろう!戻ろう!戻らなきゃ!でもどうやって?みんなかなり先のほう行っちゃってるよ?どうやって追いかければいいの?って思ってたんですよ。
そんなときに起業家のお兄さんと飲みに行くようになって、え、こんなライフスタイルあるの?って知って
桜子
わかります!!!!もうレールからはずれてるのに戻ろうとする感じ!その出逢い、すごい!
Yuka
ははーん、みんながいるレールに戻って後を追いかけるより、その横に好きな、自分用のレール作ってそっちをビューンって走ったほうが早くない?というか楽しくない?って思って

作戦変更!
東京いきまーす!
桜子
ははーん(笑)
Yuka
ということで、今に至ります(笑)きっと私が無駄に何年も医学部浪人生してるときも、すぐ近くにそんな生き方してる人はいっぱいいたはずなのに、本人の心が開いてなかったから(柔軟じゃなかったから)受け入れられなかったんだろうな、って。今となっては思います。だから外部の情報も大事だけど、それを受け入れる器?がないと行動には繋がらないのかなあと思いますね。外部情報とそれを受け入れる心、その両方が揃ったときに、いままで見えてなかったものがクリアに見えて、なんだ!それもいいじゃん!ってなるような。そこから先、何を選ぶかはまた自由ですが。

わたしもVERY妻になりたかった。

桜子
さっきYukaさんがおっしゃったみたいに、人は自分のイメージしたものからしか選択できない。

経験済ですが、働き方って人にすごい絶望をもたらす事もできるから…
 
やっぱりこういう発信は重要ですね!!
周りの同年代の20代後半の友達で『働きたくない』っていう女子がすごく多くて。だいたいみんな「結婚して、パートでおしゃれなカフェとかで働いて、あとは子育てとかしたい」って言うんです。
Yuka
専業主婦志望?昔の私ですね(笑)

VERY妻になりたかった。

桜子
VERY妻は、たぶん全女子の夢ですよね(笑)
Yuka
でも、子育て終わったらどうするの?
桜子
私もそう思ってたし、思ってます。カフェで30年パートするのかい?って
Yuka
なーんて偉そうに言ってますけど、そうゆう女子を非難できない自分がいるので。

というのも私、東京の大学に入る前に名古屋で、結婚まで考えてたリッチな彼と付き合っていて、これで結婚しちゃえば楽になる!というか、優雅な専業主婦になって、今までの医学部受験失敗とかも全部クリアにして世間体も保たれる!とか思ってたこともあるんですよね。そのときはまさに、その桜子さんの周りの、おしゃれなカフでパートしたい女子と一緒だったんです。というか、おしゃれなカフェでパートしたい、という労働意欲さえまったくありませんでしたから、ダメダメですよね(笑)
それが今では、なるべく死ぬまで働きたい!ですからね〜。人って変わるんですね!
桜子
VERY妻なりたかったYukaさんのエピソード覚えてます!!プロフィール読ませてもらったときにふきだしました(笑)

ベンツがいい?ポルシェがいい?…もう徒歩でいいよ

Yuka
「働きたくない。カフェでパートしたい」っていう彼女たちにとっての「仕事」と、いまの私たちにとっての「仕事」の定義?イメージするもの?が違うんでしょうね。

プロフィールご拝読ありがとうございます(笑)
そうそう、名古屋だから車社会なのね。いい車乗ってるのがステータス!って。もう10年以上前の話だから最近はどうかわかんないけど。
彼のおうちの駐車場に、ベンツ、BMW、ポルシェ、ジャガー、あとなんだっけ、トヨタのレクサス?その他、高級外車がずらっと並んでて
桜子
え?
Yuka
デートの前日に電話してると「どの車でお迎えがいい?」みたいなね。どれでもいい…なんて言うと落ち込んじゃうから笑、「えっとねー今回はポルシェかな♡」って答えるでしょ。そうすると「どうしてベンツじゃ嫌なの?」ってなるわけ。もう徒歩にしよ、徒歩。
桜子
徒歩!笑

そういわれたら、うちの実家も車30台くらい並んでますよ…団地の駐車場。
でもそのVERY妻レールを振り切ったのすごいですね!!
Yuka
団地!笑

いや、ふりきったというか、脱線事故したというか、途中駅で降ろされたというか…遠距離恋愛で終わりました。

私が東京に行きたくて、反対を押し切って東京で大学行って、長期休みにも全然帰省しなかったから

こんなに変わった、そして変わってゆく桜子の仕事観

 
桜子
めっちゃ振り切ってますよ、それ! 私も仕事ってつらくてめんどくさくて、自分のやりたい事を削る悪者ってイメージが強くて。私がこのペイント業をやる前は「えー次の仕事なにやればいいんだろ?なんもしたくない、昼寝してたい」って思ってました。今、この仕事をして「やっぱりお金稼ぐって大変だし、これって一生やってけるのか?」って思います。
Yuka
え。救いがない…
桜子
でも、すくなくとも自分の好きなことに挑戦してるので自己肯定感は高くなったし、そのおかげで、もっともっと次にやりたい事をやってみようって思えるようになりました!

最初は絵付けするのが楽しくて、みんなに喜んでもらえて、認めてもらえるのが嬉しくて!もちろん今もそうですが。

そして、どんどんやってゆくうちに、その購買エネルギーをどうにかして第3エネルギーに変換したいなと思うようになってきて。それが私のブログ『インフルエンサーと憧れが世間を変える』で書いた、社会にgive backできる取り組みなんですけど。

おウチ起業を通して見えてきたもの、とは?

「購買を通しても何かGive Back出来る事をしたい」との桜子さんの想いがこめられた”Humble Bee” ポーチ

Yuka
購買エネルギーを 第3エネルギーに変換する、とは?
桜子
一時は、自分はめちゃくちゃ不要なものを作り出してるんじゃないか?なんて思ったりもしたんですけど、でもそこで還元できるシステムが紐づいていれば、消費の為だけの購買じゃなくなるのかな、って思ったんです。

ちょっとこじつけで言い訳っぽくもありますが(笑)
そういうことを考えるのって、”働き方” を通してだけな気がして、私の場合は”おウチ起業”に挑戦してみたからこそ見つかった考え方なのかな、と思います。
これは私がたまたまおウチ起業、ハンドメイド起業という形を取っただけなので、他の人にはその人に合った働き方があって、それに出会えて初めて【仕事=悪】の構図が崩れるんでしょうね。

反面教師としての存在価値!それでもいいかも。

Yuka
まさに。「その人に合った働き方があって、それに出会えて初めて」という点に共感します。

みんな正解を求めたがるけど、でも全員にあてはまる正解なんてなくて、自分にとって、の正解を見つけるしかないんでしょうね。仕事も住む国も。
こんなこというと「それが見つからないから苦労してるんだよ!」と言われそうでもあります。私もまだハッキリこれだ!ってのが見つかったわけでもないので、偉そうなこと言えないですけど、あれかな?これかな?といろいろやってみて、失敗したり、うまくいったりして気づくものなんでしょうね。
桜子
うんうん、本当そうですよね!

だからこそ、こうやってレールの外からの発信がとても重宝されるんですよ!

こんな人もいるんだ、とか
Yuka
もしかして、わたしたちの存在価値?笑
桜子
こんな国でこんな仕事できるんだ!とか
Yuka
ああゆう風にはなりたくない!も含めて(笑)
桜子
Hand-Paint Artistとかまじ意味不明やで!とか。
わたしたちが反面教師!How to not自転車操業…

寅さんも言ってるよ

Yuka
だって、桜子さんだってパーソンズに留学して鬱になって、帰国後ずっと憧れてたインテリア業界はだめだったわけじゃないですか。

私もあんなに浪人した医学部がだめだった。

これって世間から見たら、失敗してるよ、ぷぷぷ

ってなるかもだけど、確かに失敗ぷぷぷなんですけど、その結果Hand-Paint Artistになってシアトルの島で楽しくやってて、私も東南アジアでなんか楽しくやってて
桜子
インテリア業界でガサツだから無理って言われた女が…

Yuka
ガサツ女がHand-Paint Artist!
桜子
『ガサツ女がHand-Paint Artist!』
これ、私のブログタイトルにしようかな(笑)
Yuka
いろいろあるけど、楽しいこともあるよ人生は
桜子
ちょ、Yukaさん、それすごい寅さん感(笑)

あーでもその前にブログ移行しなきゃ、、、できる気がしませんけど

Yuka
それを言っちゃあおしまいよ!

さくら(子)よ
桜子
やば!

バイブルは、ジェーン・スー代表作「わたプロ」!

Yuka
ジェーン・スー大ファンの桜子さんが選ぶ、ジェーン・スーといえばこの1冊!選ぶの難しいと思いますが、教えていただけますか?

桜子
やっぱり「わたプロ」(『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』)です!
すいません王道で。
 
頷きすぎて、顎が首に埋まりますよね。
Yuka
私も読みましたよ!スーさんファンは、わたプロっていうんですね(メモメモ
桜子
 『今夜も金で解決だ』をまだ読んでないので、読むのが楽しみです!
いまYukaさんにスーさんの話をしていたら、どうしても読みたくなって初めてKindleに手を出してしまったんですけど…(笑)
こんな一節があって。
「ここで大人ぶって守りに入ると先細りになりますから、まずは幹を太らせましょう」
幹を太らせるって良いですよね!名言!
Yuka
幹を太らせる!

あれ?本はやっぱり紙じゃないと、とおっしゃってたような(笑)

いや、そんなの関係ねえ!ですね。懐かしすぎる。

オンラインで、時差調整して、海外移住女子同士みんなでパソコンの前で飲みながらガールズトークしたい!

桜子
うわいいですねそれ!!!!!
ぜひやりましょう!!!!!
バイブルは、スーさんの「わたプロ」で決まり。
あ、でもさっき引用したのは「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」なんですがね(笑)
Yuka
海外移住女子オンラインオフ会!
桜子
オンラインなのにオフ会(笑)続きはWebで。
Yuka
ずっとWebだよ(笑)

そうそう、どこもオフじゃないのね。

このままだとジェーン・スーで始まり、ジェーン・スーで終わるインタビューになっちゃう。海外移住とか関係ない(笑)

やっぱりzoomでしょ!ビデオチャットに未来しか感じない!
桜子
最後にぜひ聞いてみたいんですけど、こうしてビデオチャットで話してみた私の印象って、ブログの文章からのイメージと違いましたか?

Yuka
それ気になりますよね!

カジュアルなチャットの印象とは全く一緒でした!あ、桜子さんだ、って。ブログはちょっと真面目装ってますよね?笑
桜子
ええ(笑)

逆にブログの文章と実際の印象が違うパターンってどんな感じなんですか?文章は硬いけど、ビデオで話すとピーヤ?
Yuka
桜子さんのブログおもしろいんだけど、やや抑えめにしてある感じがしました。ご本人とお話した後だと
桜子
え、本当ですか!あ、でも確かにちょっと最近抑え気味です。

あんまりバカだと思われても困るかなって…いまさら遅いんですけど。

Yuka
あんな繊細でかわいいハンドペインティング描くのに、こんなにおもしろいの?!というギャップですよね。

ネットで発信している人はもれなく、自分のバカがバレるのことに恐怖を感じているが、バカは自然とバレるし、バレてからが勝負!と糸井重里さんがおっしゃっていたような、いなかったような気がするので大丈夫です!笑
桜子
ははは! 本人のキャラと作風のギャップ、それはありがたいことに(?)良く言われます。これ描いてる人がこれ?!みたいな。

Hand-Paint Artistとして記念すべき第1号の作品!

Yuka
ブログとご本人のイメージが違うのはやっぱりブログの文章が硬いのに、本人めっちゃおもしろいパターンかなあ。えー!もったいない!って。

みんなかっこつけちゃうんでしょうねきっと。私もですが。バカがバレたくなくて(笑)
便乗しますが、 私のブログ文章とビデオで話した本人のイメージは一致してました?
桜子
Yukaさんは意外とご本人が控えめでした!私の妄想より!

もっとパワー炸裂!!!!おっぱっぴー!な感じかと思いきや。
 
私が画面の前でデュフッデュフ笑ってるのを笑顔で見守ってくださってたり。
それよりなによりゴージャスセクシーすぎて同じ人種かよと自分の顔面をぱんちしたくなりました。私、すっぴんですからね。
Yuka
ぱんちするのは自分の過去だけにしておきましょうよ(笑)

いやいやいや。先日オンラインセミナー講師やらせてもらったのに、濡れ髪にバスタオル持参で画面に登場して物議を醸し出したくらいですから。私もぱんちですよ
桜子
あれまじ笑ったんですけど!大物感半端ないですよ(笑) あれ見て、今日のインタビューどんな感じになるのかすっごく楽しみにしてたんです。今日は濡れ髪バスタオルじゃなくてよかったんですか?
Yuka
あーしまった!直前にシャワー浴びてくるべきでした!

って、なんの話。

宴もたけなわですが…そろそろ、お時間になりました。

って、もう6時間も!!!!!

しゃべりすぎました(笑)

桜子さん、本日はありがとうございました!!!

桜子
いえいえ、こちらこそ、私のくだらない話にお付き合いくださって本当にありがとうございます!

でも、まだ全然話足りないのでまたお話しましょうね!

オンラインオフ会、または、中間地点のハワイとかで。もちろん、わたプロ持参ですよね!

本日のゲスト桜子さんをもっと詳しく知りたい方はこちらを!

桜子さんの情報は、以下のウッェブサイトやブログ、Twitterで見ることができます。ぜひチェックしてみてくださいね!

The Artsy Asian(桜子さんのアーティスト名)のオンラインショップ:Hello & Goodbye

桜子さんのブログ:HELLO & GOODBYE

補足(2017年9月20日追記)

ついに、ワードプレスのブログに移行できたようです!最新記事はこちらをチェック!

HELLO&GOODBYE

桜子さんのTwitter:@HELLO_and_GDBY

桜子さんのinstagram:@_the_aa

(ブログ内の写真は、桜子さんからお借りしたものです)

あとがき

桜子さんのインタビューを終えて。

どうでもいい会話部分をカットして文字に書き起こしてみたら「あれ、わたしたち6時間かけて何話してたんだろう…」と気づいてしまいました。まさに、

オレの人生…なんやったんや…感

に全力で襲われた桜子さんと私(笑)

 「何でも聞いてくださいね!何でも話しますよ!全部書いてもらって問題ありません!」と晒け出せる桜子さんの強さ。(私の実力不足でうまく文字で表現できてないかもしれませんが)私の質問に対して、言葉を選びながらも瞬間的に的を得た返答をしてくれる桜子さんの聡明さ。バカっぽく装ってるだけの、かなりのツワモノだということがよくわかりました(笑)
抜群のセンス(笑いも、アーティストとしても)を備えた桜子さん、おウチ起業のHand-Paint Artistとしてアーティスト活動だけではなく、英語やアメリカ生活についても今後ますます発信に力をいれていかれるそうなので、目が離せませんね!(とりあえず、ブログ移行が成功することを陰ながらバンコクから願っております)
桜子さん、インタビューに答えてくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です