スポンサードリンク



【スペイン巡礼20日目】Wi-Fiナマハゲからの卒業、ついにSIMカードを手に入れた日。大都市レオンで新しい登山靴や痒み止めクリームも入手したから明日からもまた頑張れそう

スポンサードリンク







Mansilla de las Mula(マンシージャ・デ・ラス・ムラ)〜Leon(レオン) 20km

6時起床。トイレの個室に照明がない(トイレ洗面台スペースにはある)設計のため、スマホのライトを掲げながら必死のトイレ。それ以外は、ほぼパーフェクトに近いアルベルゲ!オスピタレイロご夫婦が巡礼者のファーストネームで呼んでくれるという、アットホームさ。

乾き物多めの朝食

7時からの朝食(寄付制)はビスケットやクラッカーにジャムなど乾き物メイン。コーヒー、紅茶、ココア、オレンジジュースなど。私は昨日買ったトリハスをみんなにお裾分けした。ご夫婦が巡礼者に目を配って、いろいろと勧めてくれたり、今後の巡礼路で役立つtipsなどを教えてくださった。

村を出る手前

今日の目的地は20km先のLeon(レオン)。普段より短い距離のため、あまり急いで出発する必要がない。巡礼者みんなでテーブルを囲み、のんびり会話して準備した。8時5分頃、オスピタレイロに見送られて出発(手ぬぐいマスクには驚かれた)。

既に外は明るく、気温4℃だからそこまで寒くない(というのは、完全防備だから)。曇り空。風もそこまで強く吹いてはいない。両足は相変わらずかかとを中心に赤く、痒い。つま先のほうまで広がってきている。昨日、両足に1つずつできたマメの場所には絆創膏を貼ったので、痛くなりませんように。

橋を渡ってから村を振り向くと、旧市街の城壁が見えた

昨日のレストラン前を通過し、あっという間に村を抜け、橋を渡って、国道沿いの平坦な道を歩く。坂もなく、特に問題はないけど、景色に面白みもない。これまでの巡礼路で一度も見たことがない巡礼者達が増えてきた印象。

水たまり

車道すぐ横を歩く

4km先、1つめの村Villamoros de Mansilla(ビジャモロス・デ・マンシージャ)を通過。

比較的新しい橋

1つ目の村を通過してから2km先。ポルマ川を渡って、2つ目の村Puente Villarente(プエンテ・ビジャレンテ)に入る。

プエンテ・ビジャレンテの村

巡礼者以外にあまり人がいない。エリーとおしゃべりしながら、村を通過する。

緩やかな上り坂が続く

昨夜の雨のせいで、赤土がぬかるんで歩きにくい箇所がいくつかあった。

アルカウエハの村が見えてきた

3つ目の村Arcahueja(アルカウエハ)に入るために、かなり急な坂を上った。久しぶりの感覚。村の中も緩やかな上り坂が続く。

(写真ではわかりつらいけど)結構急な上り坂

「私、上り坂は意外と得意かも!」と最近思う。

まだまだ上る!写真左奥に見えるのが4つ目の村。

巡礼路は4つ目の村Valdelafuente(バルデラフエンテ)を通過せず、村を左下に見ながら、さらに上っていく!きつい!上りきって、標高890mのポルティージョ峠に到着。

車がびゅんびゅん走る車道を歩く

道標に従っていくと、大きめのスーパーや車販売店などが立ち並ぶ国道沿いに出た。大都市レオンに近づいている、という雰囲気がしてくる。早くレオンに到着したい!

国道N-601号線にかかる高架橋

またまた鮮やかなブルーに塗られた高架橋を渡っていたら、エリーが追いついてきた。

遠くにレオンの街が見える!

遠くにレオンの街が見えてきた!レオン大きい!今日の行程は、たった20㎞。でも「楽勝!」と思ってスタートした日ほど最後の数kmが一気に辛くなるので(過去の経験【スペイン巡礼16日目】「今日はお散歩だね♡」と余裕でスタートした日。寒さから逃げるため立ち寄った村のバルが休業と知って腰砕けたりしたけれど、爆速Wi-Fiと炊きたての白米で作ったタコライスで心もお腹も満たされましたより)、まだまだ喜んじゃいけない。

レオンに向かって、下っていく

レオンには、ステンドグラスで有名な巨大なカテドラルがあるらしいが、今歩いているあたりからは全く見えない。ということは、写真では見えない右のほうにレオン旧市街があるということか。どれだけ広いのレオンったら。

レオンの新市街

壁の色がかわいい

ということで、想定通り、今日もレオンの街に入ってからのラスト3㎞がめちゃくちゃきつかった。それまでは特に感じなかったのに、急にバックパックの重さがグッとのしかかるように感じ(おや?誰かに石でも詰められたのかな?)、足取りが重くなる。アルベルゲどこー。きつい。早く荷物下ろして座らせて。もう歩けない。きつい。いやだー。

今夜のお宿!

今夜のお部屋!

そんなことばかり心の中で呟き続け、「ねえ、いつ着く?まだ?あのKFCで休憩したい」とかエリーに言い続け、ちょっと迷いながらも、12:05にアルベルゲ到着!さすが宿泊代12€(いつもよりちょっと高価な)アルベルゲ。施設が綺麗。エレベーターが使える!なんと洗濯機&乾燥機代が宿泊費に含まれている!

個室に二段ベッド2台を入れた4人部屋。トイレ、シャワー付き。今日も下段ゲットを確保!なんかもうカラダ全体が痛くて痛くて、少し動くだけで「おー!」とか「うー!」という謎の雄叫びが無意識に出てしまう。私だけじゃなくて、他の巡礼者たちも似たような感じ。

このまま横になりたい気持ちをグッとこらえて、シャワーを浴びた。私達の到着に少し遅れて、ジニー&チョウの韓国コンビも同室に。まさに合宿状態。

ここはレオン。久しぶりの大都市、しかも日曜日じゃない!これは買い物するしかないでしょ!あれもこれも色々と買いたいものがあるから、シエスタタイムになる14時までに出かけたい!現在13時。

と勢いよくロビーに降りたところで、アルベルゲの関係者おしゃべりおじさんに捕まる。このアルベルゲは防犯カメラが多数設置してあり、彼も映像を見てたと思う。一人ひとり名前で呼んでくれるのはありがたいけど、今、時間がないんです私!

「すみません、今ちょっと急いでるので、、、」と言ってもお構いなしに夕方の教会観光ツアーや夜のミサについてゆっくり長々と喋ってくる。うん、そこの掲示板に書いてあるの読めるし、チェックインする時に他の担当者からも聞いた!同じ話を何回もしなくていいです。私、14時までにまずSIMカード買って、薬局で薬買って、何か食べ物調達したいんです!ここでおしゃべりに付き合ってる暇はないの〜。

どんよりして寒い

そこへエリーが降りてきた。チャンス!あとはよろしくね!と彼女におじさんのお話相手をお願いしてアルベルゲから最も近いスペインのキャリアショップ『Orange』にビーサンでダッシュ。外は寒いけど、そんなこといってられない。店内に駆け込んで、SIMカード出してもらった。ああ、これでWi-Fiナマハゲからの卒業、、、と安堵したのもつかの間、パスポート情報など個人情報を入力するパソコンがフリーズして使えず(店内にあったすべてのパソコンに不具合!なんで!)、結局購入できず。出ました、スペインクォリティ。「ごめんね〜、パソコンなんとかするから、シエスタ明けの16時にまた来てね!」とスペイン美女店員さんに言われたけど、それはちょっと考える。

全然効能が違うクリーム

パソコンフリーズを気長に待っていたせいで14時すぎてしまった。シエスタ関係なく営業している薬局に入店。全く英語が通じない。足の赤みを見せて、事前に調べておいた【痒い】とスペイン語を見せたら、はいはい、これね!と奥からクリームを出してきて、これで完璧!と。お値段9€。本当に効くのかな?

今は銀行として使われている、ガウディ設計のカサ・デ・ロス・ポティーネス

カサ・デ・ロス・ポティーネス前にあるガウディ像

ついでにカテドラルを見ておこう、とふらふら街歩きしていたら、ガウディ設計で有名なカサ・デ・ロス・ポティーネスの目の前にvodafone発見!しかもシエスタなく営業中!SIMカード買える!とウキウキで入店したものの、スタッフが少なすぎて全然順番が回ってこなかったので退散。

バルやショップが連なる

vodafoneを後にして、バルやショップに挟まれた石畳みの坂を上っていくと、レグラ広場に巨大なカテドラルが見えてきた。

じゃ~ん

このカテドラル内部のステンドグラスが有名で、ものすごく美しいとは聞いていたけどお腹が空いていたので中には入らず、そのまま引き返した。途中でスーパー(カルフールエクスプレス)を見つけたので、明日の朝食用の食料も購入。ドラッグストアで生理ナプキンと絆創膏を購入。スキンケアも買いたかったかど、スペイン語表示のプロダクトが多く、よくわからなかったので諦めた。

SIMカード購入!

スーパーで買い込みすぎて結構重い荷物を抱えて戻ってくる途中、vodafoneの店員さん達が暇そうだったので入店。お姉さんが出してくれたSIMカード、4週間有効、データ通信5GBに800分の無料通話付き、世界57カ国で使用可能。なんとお値段15€!安!こうゆうの見る度に、日本のSIMカードの価格の高さを嘆きたくなる。

パスポートを提出して、あれこれやってもらってアクティベート完了!と思いきや、繋がらない。再起動しても繋がらない。他のスタッフ2人も寄ってきてあーだこーだやるけど、誰にも英語通じないから解決しない。店舗のパソコンのGoogle翻訳を使って会話したけどラチがあかないので、私のiPhoneの表示言語を英語→スペイン語に変更して、別のお兄さんが出てきてようやくアクティベート完了。

さてお会計、と思ったところでスタッフ達のお友達たちが来店したらしく、みんなでハグ&キス、そしておしゃべりで盛り上がり始め、私の存在が完全に消された(笑)私、お金払いたいんですけど、、、クレジットカード読み取り機は故障中とのことでキャッシュにしてほしい、と言われて、まあそうなるよね、と。

結構美味しかった冷凍ビザ

SIMカード購入できてルンルンで部屋に戻ったらエリーがいたので、地下のキッチンスペースに行き、一緒にピザを食べた。さっき購入したクリームをググってみたら、南京虫に全然関係なかった、、、ただのひっかき傷用ヒルドイド、、、。

エリーは出かけ、私は部屋に戻ってベッドでゴロゴロしていたら、同じベッドの上段にいるジニーのラブラブ電話(日本人彼女との日課)が始まったものの、私はあっという間に寝落ちしてしまった。疲れすぎて身体が重くて熱くてだるくて起き上がれない。

17:30からのアルベルゲ主催の教会見学ツアーはパスする、と伝えておいたのに参加人数が少ないのか、件のおしゃべりおじさんがわざわざ部屋まで来て、「みんな忘れてると思ってリマインドしに来たよー!行かないのかい?」って、お願い、そっとして、私を寝かせて(笑)

石畳に埋め込まれた貝殻マーク

このくらい寒いのです

起き上がりたくてもだるくて起き上がれない。でも、カテドラル内部のステンドグラスも見たいし、登山靴も買いに行きたいし、ベッドバグ用の薬も買わないと、、、起きなきゃ、、、寝袋で丸まりながらググったら、カテドラル内部見学は19時まで!今、18:20。やばい!今出かけないと間に合わない!なんとか起き上がって、寒空の下、ビーサンで駆け出した。寒い!地元民はみんな真冬の装いだもの(写真上参照)!

カテドラル正面

さっきと違う道から向かったら少し道に迷ったけど、なんとか18:35にカテドラルに到着。「19時に閉まるわよ!」とチケット売り場のおばさまに3回ほど繰り返されながら入場。無料貸出の音声ガイドデバイスが家庭用の電話子機みたい。カテドラル内を電話しながら歩いてるみたいで面白かった。

荘厳!

鮮やか!

有名な「バラ窓」

パイプオルガン!

ステンドグラスの美しさ!あんなに煌びやかだとは思わなかった!6€払って入った価値あり!私のiPhone7 plusの画質では本物の美しさの百万分の1も表現できていないので、ぜひ実物を見に行ってほしい!(って、普通の観光ではなかなかLeon行かないよね笑)

カテドラル出口のマダムに、せっかくだけどパンフレットは重いから要りません、と返事したら、あなた巡礼中?それなら、そこを出たところでクレデンシャルのスタンプもらえるわよ!と。「そこを出たところ」に何もなくて、少し歩いてツーリストインフォメーションに入って聞いてみたら、そこでした。スタンプ、ゲット。

個人的おすすめのpharmacy

カテドラル見学を終えて、次なるミッションは登山靴の購入。事前に目星をつけておいたアウトドアショップに向かう途中、さっきはシエスタで閉まっていたファーマシーに入店。お姉さんが対応してくれたので、Google翻訳で「私はたぶん南京虫に刺されました」の英語訳画面を見せて、あ、スペイン語にするね、と言ったら、大丈夫よ!私、英語わかるから!それにここは巡礼者多いから!(ウィンク)なんと!優しく可愛い薬剤師さん、英語もできるなんて!

わかりやすい絵がついている

虫刺されやクラゲ刺されの絵のついた塗り薬を用意してくれた。英語が通じるついでに、スペインではbirth control pillsは処方箋が必要かどうか聞いてみたら、処方箋は不要、街のファーマシーで購入可能だそう。せっかくだからトリキュラーのスペイン版1シート(15.5€)購入。この店舗には在庫が1シートしかないから、他のファーマシーでこの箱見せたら在庫あれば何箱でも買えるわよ!と。いいお買い物ができた。

目立つ看板はない(そして、店名が思い出せない、ググってもでてこない)

狭いけど品揃えは豊富

その後、アウトドアショップで、ミドルカットの登山靴と天然メリノウール素材のフェイスマスク購入。自身も2回スペイン巡礼をしたことがあるらしいイケメンスタッフが、カミーノならこれがオススメ!ゴアテックスだし機能性は良いけどスペインブランドだから他のグローバルブランドよりもお値打ちなんだ!ピルグリムディスカウントもあるよ!と、勧めてくれたブーツを試着。柔らかくて軽い!ヨーロッパっぽいニュアンスカラーも捨てがたかったけど、レザー製のさらにごつそうなブーツに決定。さらにmade in spainのメリノウール100%、臭くならないというマスクも購入。ディスカウントしてもらって、トータル126.9€。

dark grey x blueの配色♡

スペインブランド『Chiruca』

新しい相棒ができました。残り2週間よろしくね。今履いている登山靴、どうしよう。

200ml、、、地味に重い

アウトドアショップの近くのファーマシーでbirth control pills2シート追加。昼間諦めたドラッグストアで、Google翻訳を駆使してスペイン人店員さんから「アフターサンはこれしかない!他にはない!」と半ギレされながらアフターサンローションを購入。

買ってから気づいたけど、1gでも荷物減らしたい!とか言ってるのに200mlって重いよね。買っちゃったから、まいっか。あとは黒のシンプルなニット帽が欲しい。ZARAを始め、お洋服屋さんをのぞいたけど、店頭の商品はもう春物だからニット帽なんて売ってない。フェイスマスク買ったからニット帽は要らないかな?でも寒いかな?ログローニョのチャイナショップで買った紫色は好きになれないんだよね。

カテドラルへ行く途中の老舗っぽい帽子屋さんで店外ディスプレイされていた変なブランドの黒ニット帽(8.95€)を買うべきか否か。どうも気が乗らないので却下。その向かい側のティーネイジャー向けのようなショップで、手袋を脱がずにスマホが操作できる手袋(3€)を購入。

美味しそうだったポテトチップス屋さん

目の前で袋詰めしてくれる

ポテトチップス、美味しそうだった。カルフールでコーラとムール貝の缶詰購入。ニット帽は諦めて帰ろう、と思いながら入店した『TIGER』、レジ近くにニット帽コーナー。ほとんど子供用の中、大人用の黒一色があった。4€!即決!

満足してアルベルゲに帰ったらもう20:30。空が明るいから全然気づかなかった。

本日の戦利品

部屋のみんなに戦利品を見せて、地下のキッチンスペースで1人で夕食を食べたり、絵ハガキを書いたりして(ログローニョで購入した絵ハガキ、、、やっと出せる!)部屋に戻ったらまだみんな起きていたから、今日買った痒み止めクリームをヌリヌリしたり、戦利品の写真撮影をしたりして、22:20に消灯。

暗闇の中、スマホで日記を書いていたら、もう23:20!このアルベルゲ、Wi-Fi爆速で嬉しすぎてついつい夜更かししてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください