スポンサードリンク



【スペイン巡礼13日目】ついにメセタ(台地)デビューした日。朝イチで確認したTOEICテストのオンライン結果のことを考えていたらあっという間に目的地に到着してました

スポンサードリンク







Burgos(ブルゴス)〜Hornilles de Camino(オルニージョス・デル・カミーノ)20km

6時起床。そっと玄関から外に出てみたら、夜中の雨で地面が濡れている。今もちょっとだけ降っている?本日の降水確率は25%!?なんてこったい!巡礼をスタートしてから昨日まで一度も雨が降っていないのに、ついに?

パッケージがオシャレ

パンオショコラ

朝食は、昨日買ったパンオショコラ、ヨーグルト、バナナ、オレンジジュース。

朝食とパッキングを終えて、外に出てみたら雨が降ってなかったので出発することに。7時頃に出発しようか、とエリーと約束していたが、早めに準備が終わったので(私にしては珍しい!)アルベルゲ外で待ってたら、気づけば目の前のバルのWi-Fiを拾ったようで、ありがたくLINEとメール確認をしてみた。

スペイン巡礼直前に受験したTOEICのオンライン結果メールが来てる!ここで確認すべきか。ここで結果を確認して、目標スコア900を越えていたらそれはそれでハッピー、越えてなければ今日は少し凹んで、5月の試験申し込みしなきゃいけない。せっかくなのでチェックしちゃお!ログインIDがわからず手間取ってる間に、エリーが出てきたので先に行ってもらった。そして、肝心の結果は、、、目標点をはるかに上回るスコアを獲得。ルンルン気分で、今日は気持ちよく歩けそう!ちょうど玄関から出てきた韓国人女子チョウと一緒に7:15出発。

日本の田舎にありそうな風景

空は既に明るくなっていて、寒くもなくいい感じ。チョウとおしゃべりしながら、大都市ブルゴスを抜けるため、平坦な道をずんずん歩く。涼しくて、平坦な道、、、これ最高。今日はトータル約20㎞だし、アップダウンも少なめということでリラックス。

出発から約1時間後、住宅街を歩いてブルゴスの街が終わり、砂利道になった。電車が走っていたり、国道を渡ったり、いつものようなスペインらしい大自然ではなく、なんだか日本の田舎にありそうな風景。スタスタと歩いていってしまうエリーに追いつくために、チョウと一緒になぜか30mほど走ってしまった、、、そして追いつかなかった。疲れただけだった(笑)

チョウと私(盗撮風Photo by エリー)

その後、女子3人であーだこーだおしゃべりしながら歩いていたら、本日も手ぶらな韓国男子ジニーが追い越していき、その後、荷物がっつり背負っているスペイン男子ブリューにも追い越された。ブリューは本当に健脚!速すぎる!

ひとつめの村を抜けて、少しだけ上り坂があり、2つめの村に到着。この後は本日の目的地の村まで何もないようだし、私はまたトイレに行きたかったので、10時頃、バルに立ち寄ることに。このバル併設のホステルは、トリップアドバイザー9.5!どんだけ高評価!

トリップアドバイザー9.5!でも、バルのWi-Fiは弱かったような。。。

バルの壁ぎっしりに貼られた巡礼者からのメッセージ

日本人巡礼者からのメッセージ&千円札

非常に愛想のいい店主のおじさまからメダイのネックレスをもらって、記念撮影。壁一面に貼られた、世界各国の巡礼者からの紙幣とメッセージを眺める私達。「へえ、千円札貼ってるなんてすごいね〜」と感心する私に、エリーが一言。「まあ、日本円は最小額の紙幣が千円だからね、しょうがないね」た、たしかに。

テラス席でカフェ・コン・レチェ

ゴゾウロップニシミワタル!

カフェコンレチェ1.3€を頼んでテラス席で休憩していたら、店主からサービスでローカル料理のスープを頂いてしまった。五臓六腑に染み渡る!日本語勉強中のチョウに、エリーが日本語を教え込んでいる。ゴゾウロプニー?シミワタル??そうそう!Very good!とかやってる。いやいや、それ、日本語ネイティブでもあんまり使わないよね(笑)

通り過ぎる巡礼者、知り合いにも知り合いじゃない人にもブエン・カミーノ!と声をかける。そろそろ出発しようかというところに、韓国人女子ヘヨンが来てはじめましてのご挨拶。予定よりもバルに長居しちゃったけど、本日はゆったりカミーノ。

そろそろ、これが噂の、、、?

メセタ!

Photo by エリー

10:35にバルを出発。ここからはついに、、、メセタ(台地)!スペイン巡礼の書籍やウェブサイトでよく見かける景色。これぞ、スペイン巡礼!って感じの景色。遮るものが何もない、だだっ広い平原の中の1本道を歩いていく。緩やかな登り坂をおしゃべりしたり、動画撮影したりしていたら、あっという間に上り坂は終わり。

通称「ロバ殺しの下り坂」

村が見えた!ここからは一気に下り坂。通称「ロバ殺しの下り坂」とも言うんだとか言わないんだとか。

本日の目的地!スペイン語は冒頭のHを発音しないので、ホルニージョスではなくオルニージョス。

小さな村。もちろんスーパーはない。

本日のお宿!

リビングルーム

男性陣はすでに到着済

ロバみたいに殺されないように(え?)、ストックを支えに坂を駆け下りて、12:20アルベルゲに到着!3人同時にチェックインしたため、ベッド3台(上段1台、下段2台)を指定され、じゃんけんに負けて私だけベッド上段。

女子力高めな韓国男子ジニーのスキンケアセット

シャワーを浴びて、韓国人達と一緒にアルベルゲ近くのバルへランチ。

柔らかすぎるスパゲティナポリタン

ホワイトアスパラガス!

ポークロイン!

血のソーセージ!

もちろん、ワインも♡

パイナップル!

私が頼んだ巡礼者メニューは、柔らかすぎるスパゲティナポリタンと、特にコメントしようのない味のポークロイン、デザートのパイナップル、そして赤ワイン。確か12€。本日の即席韓国語レッスン、オモニ=お母さん、オンマ=かあさん、アッパー=父さん。私が間違えて「えっと、お父さんはアンマだっけ?」と言ったら「アンマ?それはマッサージ!」とすぐにチョウからつっこまれて、「えー!韓国でもアンマって言うの!?」と驚いちゃった。イェッポー(美しい)、パットゥウドゥ(美味しすぎる!)全然覚えられない。アルベルゲに戻って、みんなでお金をシェアして洗濯&乾燥。

バジェットの少ない若きブリューは常に手洗いを徹底。アルベルゲへの到着がいつも早いから乾きも問題なさそう。

臭いコーナー

このアルベルゲはWi-Fiが結構強かったので、YouTubeを観ながらドライヤーができた(もちろんジニーが貸してくれた!)。欧米系の巡礼者達が中庭でビールを飲みながら日光浴してるのを横目に(日光浴と言いながら、太陽は全然出てない!むしろ寒い!)、私は寝袋にくるまってベッドでうとうと。今日は朝イチにチェックしたTOEICスコアの嬉しさでルンルンだったので、道中あんまり写真も撮らないで歩いてきちゃった(笑)

巨大パエリア鍋の横ではしゃぐスッピン

18:30頃、ディナーが待ちきれなくて(やることなくて)階下のリビングに行き、明日のプランを話し合う。明日も約20㎞。楽勝!19時前にダイニングスペースに行ったら、できたてホヤホヤのパエリア!オスピタレイロの許可を得て、みんなで順番にパエリアと記念撮影。

長テーブルで晩餐会

アーティチョーク入りのパエリア

サラダ

ヨーグルト

今夜の巡礼者メニューは、サラダ、大鍋で煮込んだアーティチョーク入りのパエリア、ヨーグルト、赤ワイン。すごい大量のパエリア!遅めのランチ以降、ただ昼寝してただけなのにまたご飯を食べるという暴挙。でも韓国ガールズ達からは「Yuka!毎日、顎のラインがどんどんシャープになってるよ!」と言われてるので、痩せてるのかもしれない。ブラキャミの背中側の食い込みも少し減った気がする。気のせいかな?あとはコーラを少し減らせたらもっと痩せるんだろうけど、、、どうしても毎日飲んじゃう!

ここでもまた強引に韓国語レッスンに巻き込まれる。ディナーの席がイングリッシュスピーカーに囲まれて英語オンリーでつらい思いをしていたらしいヘジンオンニが、私達の韓国&日本席エリアに乱入してきて2次会スタート。韓国人巡礼者全般、ワインもビールもよく飲む!そしてよく喋る!ジニーが4月末に東京に遊びに来て、温泉に行きたいらしいので、日帰りの箱根温泉を勧めておいた。私も箱根温泉行きたい。温泉じゃなくてもいいから、そろそろバスタブが恋しい。21時過ぎに飲み会はお開きになり、半乾きの洗濯物を回収してベッドの柵にかけ、歯磨きしたりして、おやすみなさい。

昨日寄付した洗濯ハサミがバナナフォルダーになっていた(韓国男子ヨンのバックパック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください