バンコクのおしゃれなルーフトップバーUp & Above Barでワイン飲みすぎたら時差ボケが直っちゃったお話。

スポンサードリンク



時差ボケが直らず、このままヨーロッパで暮らしたほうがいいんじゃないかと思い始めたYuka(@yuka_bkk)です、バンコクからこんばんは!

今回は、久しぶりにバンコクネタを!

The Okura Prestige BangkokのUp & Above Barに行って、ワインとカクテル飲みすぎたらヨーロッパ帰りの時差ボケ直っちゃいました!というお話です。

オークラ プレステージバンコクの24階!

Phloen Chit(プルンチット)駅からホテルロビーに直結しているので、スコールでも大丈夫!(あ、でもたぶん10pm頃に駅と直結のドアが閉まっちゃうと思います。帰りは通れなくて、一旦外に出ました)

ロビーからエレベーターで24階へ!

(この日は2軒目だったので、既に酔っぱらっていたので写真が微妙なのしかなく、、、いつも微妙だとか言わないでくださいね笑)

ルーフトップバーエリアは、意外と狭いんですね

北側の夜景

24階から階下を覗き見、、、しようと思ったけど落ちそうだったのでやめました

南側。ボクたち、何千億動かしてますけど?(勝手なイメージ)という金融系ぽい欧米系メンズたち、と日本人ビジネスマン

7:59pm、ギリギリHappy Hourに間に合いました! わーい♡

補足

公式ウェブサイトでは

Happy hour:   5 p.m. – 7 p.m. 

になってますね。バーのメニューには8 p.m.と書いてありました。

撮影テクニックも素晴らしいお姉さん

南アフリカのワインだったんだ(今、写真見て気づきました)

mango mojito x 2 (buy 1 get 1 free)

席数が少ないので、予約したほうがいい(かもしれません)

今は雨季のシーズンで、最近は特に夕方以降の雨が多いためルーフトップバーは危険なんです。

だからお客さんが少なかったのかも。

ここのルーフトップエリアは席数が少ないので、時期や時間帯によっては予約したほうがいいかもしれません。

補足

タイの雨季は、6月〜10月。

とガイドブックには書いてありますが、在住者の感覚だと5月半ば〜11月近くまで続いているような気がします。

高所恐怖症の方には向いてないかも

日本では考えられないような安全基準のため、ルーフトップバーのソファの後ろに高い柵のようなものがないので、酔っ払って乗り出したら地上に真っ逆さま〜!みたいな展開も不思議ではない構造でした。

復習です。

Grande Central Pointのイルミネーションが主張強すぎ

この矢印の高さまでしか、柵的なものがありません。(しかも、そんなに強度が高くなさそうなガラス!)

高所恐怖症の方や、酔っ払うとついついはっちゃけちゃう系の方(だれ)は、屋内のバーやレストランをオススメします。こちらもガラス張りなので、バンコクの夜景を安全に堪能できますよ〜。

バーカウンター

展望レストラン

屋内バースペース(写真がわかりづらい!)

Up & Above Bar, The Okura Prestige Bangkokの詳細

Address:The Okura Prestige Bangkokの24階

(ホテルロビーはBTS Phloen Chit プルンチット駅から直結。ロビーからエレベーターで24階に上がれます。地上から来る場合は、DEAN&DELUCAと7ELEVENの間を直進するとロビーに行けます)

Park Ventures Ecoplex, 57 Wireless Road, Lumpini,
Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand

Tel: +66 (0) 2687 9000

Operational  Hours:

Indoors :                                    7 a.m. – 1 a.m.

Outdoors :                                 6 p.m. – 1 a.m.

Happy hour:                              5 p.m. – 7 p.m. (わたしが訪問したときは8 pmまでやってました!)

まとめ

ワインとカクテル飲んで泥酔。帰宅してバタンキューで寝たら、時差ボケ直りました!

というわけで、当分バンコクで暮らせそうです。よかった♡

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です