【バンコク】初デートはソンブーン本店の元祖プーパッポンカリーで蟹の殻を剥きながら。会いたかったあのひとに、やっと逢えた…けど、蟹を食べるときはやっぱり無言になっちゃいますね

スポンサードリンク



バンコクからこんにちは、Yuka(@yuka_bkk)です。

2日連続の休みすら取れず、バンコクから出られない今日この頃。

国境越えたい!それがダメなら、タイ国内のビーチに行きたい!特にリペ島!

それ以外の諸々の事情もあって、今更Discover Bangkok とばかりに、バンコクの有名観光スポットやレストランを巡っています。いつでも行けると思うと、ついついお尻が重くなってしまって行かないんですよね。日々、新店舗を開拓してブログ更新されているブロガーさん、本当に尊敬しちゃいます。

「やっと会えたね」….初対面だけど、そう言いたくなってしまったAkaneさんとの初デート

先月、旅するフリーランスデザイナー兼バリスタのAkaneさん(@hive_aka_en)がチェンマイノマド生活をスタートする前に、ちょっとだけバンコクに来てくれたんです。

Akaneさんについては、このブログ内でもこちらの記事『突撃!隣の「海外移住女子」!英語圏4ヵ国でワーホリを経験したAkaneさんにあれこれ聞いてみました!(前編)』でインタビューさせていただいたことがありますが、実際にお会いするのは初めて!

数ヶ月前にニュージーランドから帰国したばかり、東南アジアに来るのはほぼ初めてという彼女に喜んでほしくて「せっかくならバンコクらしいお店に行きましょう!」ということで、ソンブーンシーフード(Somboon Seafood)を選びました。

「ソンブーン?プーパッポンカリー?私はどこでもいいですよ〜」と微笑む彼女。白状しましょう。ソンブーン、しかも本店でプーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)を食べて、ブログに書きたかったのは私です(笑)

もっとアクセスのいい支店もあるのに、わざわざ本店までお付き合いくださったAkaneさん、ありがとうございました!

ソンブーンシーフード(Somboon Seafood)バンタットン本店への場所と行き方

最寄駅は、BTSナショナルスタジアム(National Stadium)駅。

バンコクに来るのは初めてのAkaneさんもホステルからBTSでいらっしゃるはずだからわかりやすい場所を、と思って待ち合わせはナショナルスタジアム駅の出口を指定したのですが、まさかの展開。Akaneさん、どローカルのバスに乗って登場!窓がないようなバスですよ?えー!

私も乗ったことがないし、今後も乗ることはないと思うローカルバス!旅するフリーランスデザイナー兼バリスタ恐ろし。

「7バーツでしたよ〜!やっすいですね〜!」って、安いけど日本人女子は普通は乗らないですよ、びっくりしちゃいました。そんなこんなで、ナショナルスタジアム駅前のMBKも、東急百貨店と繋がったりしていて意外と複雑な構造のせいもあって、待ち合わせるまでにかなり時間かかっちゃいましたが、無事合流。

Skypeで何度か話したことがあるせいか、全然初めて会った気がしません。こうゆう出逢いは本当に嬉しい。

この夜は結構涼しかった(とバンコク在住の私は感じた)んですが、日本の冬からバンコクに到着したばかりの彼女は「蒸し暑すぎますね!湿気で上から押しつぶされる感じ!暑い〜!」と連呼してたところを見ると、やっぱりバンコクの11月って暑いみたいです(笑)

Google Mapを見ながら、ぶらぶら歩いて約10分。ソンブーンシーフード バンタットン本店に到着です。

「偽ソンブーンレストランが多いから、騙されないように!」という情報をネット上でよく見かけていたので、騙されないように絶対に本店に行きたい!と思っていたのですが、一度本店まで行ってみた感想としては、やっぱり本店まで歩くのめんどくさい(約10分なのに笑)。

メニューは変わらないんだから、もし次回行くならアクセスのいい、BTSの駅直結モール内店舗でもいいかな、なんて思ったのは、ここだけの話。

蟹マークが目印

店舗入口前に水槽がいっぱい

蟹さんもいっぱい

店内(1階席)

私達が食事している間も、日本人団体客(数十人単位!)がひっきりなしに訪れていました。観光名所として、定番レストランなんですね。席数も多いし、回転も速いので、少人数だったら予約なしで大丈夫だと思います。

ソンブーンシーフード本店で、私達が頼んだメニューはこちら

メニューはもちろん、完璧な日本語。

殻付きプーパッポンカリー。Sサイズ 380THB(約1,400円)

はたとガパオ?!と思って注文してみたら…

はたとガパオ揚げ。で、でかい!!!そして、かなり辛い!辛いものが苦手な方は避けたほうがいいかも。

空芯菜炒め。

炒飯(ポーク)。すっごく美味しかったので、おすすめです!

上記写真のAkaneさんの手と比較していただけばわかると思いますが、一皿ずつが大きいんです!

プーパッポンカリーもSサイズを2人でシェアで十分。女子2人で4皿も頼んだ私達の結末は…(笑)

おまけ。トイレも清潔なので、ご安心ください!

意外と気になるトイレも、ローカル感なし!清潔でした。

ソンブーンシーフードレストラン(Somboon Seafood)バンタットン本店の店舗詳細

住所:895/6-21 Soi Chula 8, Bantadthong Rd., Wangmai, Pathumwan, Bangkok 10330

TEL:02-216-4203

営業時間:4 p.m. -11 p.m.

さいごに

バンコクでプーパッポンカリーと言えば!のソンブーン。プーパッポンカリーも期待通りの美味しさでしたが、私が一番気に入ったのは炒飯でした。(カレー関係ない)

お腹いっぱいになった後は、またまた観光名所のカオサンへ!

続きは、Akaneさんのブログ記事『【カオサン通り】バンコク旧市街を象徴するバックパッカーの聖地の今』でどうぞ!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です