スポンサードリンク







タイ・バンコク(主にプロンポン駅周辺)からこんにちは、Yuka(@yuka_bkk)です!

長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」のタイ初の路面店舖「リンガーハット プロムポン スクンビット店」が2017年8月6日(日)にオープンしたのを知りつつ、早2ヶ月。

バンコクの中心部に路面店を出店することにより、タイにおけるリンガーハットのブランド認知度をさらに高め、より多くのタイの方にリンガーハットを知っていただき、「長崎ちゃんぽん」や「長崎皿うどん」を召し上がっていただく機会を増やすことを目指します。

– リンガーハット オフィシャルサイトより引用

路面店オープンで、タイ人向けに認知度アップするかどうかはわかりませんが(失礼)、日本人向けにはすごいインパクトですよね!広告不要で、リンガーハットの存在アピールできてますもの。

というのも、このリンガーハットがオープンした場所ってすごくいい立地なんですよ!

すでにバンコクには、エカマイゲートウェイ内とK Villageに2店舗ありますが、どちらもモール内。そこに行かないといまいち目立たないですが、この路面店は違います!

スクンビット界隈に住んでる日本人にとっても、旅行者にとっても。目立つ目立つ。

工事期間中、目の前を通りながら「どんなお店ができるのかなあ」と思っていたら、リンガーハット!?

なんちゃっての、リンガーパットとかそうゆうのじゃないの?と思ってたら、本家本元の長崎ちゃんぽん「リンガーハット」だとわかったときはうれしかったです。

学生時代、武蔵境駅前のイトーヨーカドー地下フードコートのリンガーハットで長崎ちゃんぽん食べた思い出が蘇ります。無料の麺増量サービスとか、平気で食べてました。恐れ知らず(笑)

以下、タイ3店舗目の「リンガーハット プロンポン スクンビット店」で長崎ちゃんぽんを食べてきたのでご紹介します!

「リンガーハット プロムポン スクンビット店」の場所と行き方

矢印の先あたりにリンガーハットがあります!

BTSプロンポン駅から、徒歩30秒。

改札を出て、エンポリウム側(ソイ24側)の階段を降ります。大通りのどちらに降りればいいかかわからない場合は、階段を降りる前に周囲を見て、「NaRaYaの路面店」があれば正解です!

黄色の看板が目印!のNaRaYa

なぜか一等地にあるスキューバショップの隣

到着です!

「リンガーハット プロムポン スクンビット店」店内の様子

平日20時すぎ。ここは日本?続々と日本人男性客が来店していました。

2階席もあります。店内が空いている時は全員1階席に座るように促されます。サービス提供側として、気持ちわかります(笑)

割合としては日本人男性が多いですが、女性1人客でも入りやすい店内です!

メニューを見てみます

インドネシアの店舗が記載されていない、ちょっとさびしい(笑)

日本のキャベツ!甘みが違いますよね!

主力商品!

餃子もそそられる!

からあげ定食やチャーハンもあります。枝豆や冷奴も。飲み会できちゃう。

牛丼も美味しそう!

長崎ちゃんぽん【レギュラー】159バーツ(約540円)を注文しました!

ビッグと迷いつつ、レギュラーを選びました。

このようにレンゲがのって運ばれてきます。にしても、レンゲが大きい(笑)

麺はもちもち、お野菜シャキシャキ!

男性にはレギュラーサイズは少し少ないかもしれません。ビッグサイズをおすすめします!

「日本のリンガーハットと同じ味!」と言いたいところですが、前回日本のリンガーハットで食べたのが6年以上前なので、比較できず…

一口目、「ちょっとだけスープの味が濃いかなあ」と思ったのですが、食べ進むうちに麺と野菜とスープが絡まり合って、ちょうどよい!美味しい!

タイでは、無料で麺の増量サービス(1.5倍、または2倍)は実施してないようでした。

実は餃子が人気なのでは…?

牛丼と迷いつつも、初めてタイのリンガーハットに来たんだから長崎ちゃんぽんだよね、と思って注文したのですが、他の日本人男性客で長崎ちゃんぽん頼んでる方、1人も見かけませんでした(笑)

チラッと観測したところ、餃子定食とからあげ定食を選んでる方が多かったです。リンガーハットの餃子、気になる。

各テーブルには調味料。べたべたしていません(←地味だけど、意外と重要)

限りなく透明に近いグリーン…と村上龍が言いそうな、35バーツのお茶。

お茶のレフィルは無料です。

一部アルコールはcoming soon

アイスはGLACE

余談ですが、このプロンポン店のホールスタッフたちの日本語が流暢すぎてびっくりしました。

特にレジも担当していた女性スタッフ!あまりに流暢なので「日本人かも」と思ってジーっと見てしまいましたが、タイの方でした。世間話にも丁寧に対応してくれます。

「本当に雨すごいですよね〜。傘ありますか?足元気をつけて帰ってくださいね!」とお見送りしてもらいました。すごすぎる。

こうゆう日本語コミュニケーションって、現地スタッフだらけの職場で働く単身者にとってはうれしいのかもしれません。(という勝手な憶測)

「リンガーハット プロムポン スクンビット店」の店舗詳細

住所:ソイ24とソイ26の間。664,SukhumvitRoad, Klongton, Klongtoey, Bangkok

TEL:(+66)02-258-4360

営業時間:11:00~23:00(オーダーストップ22:30)

まとめ

エンポリウム地下で【銀だこのたこ焼き】を買おうと思ったら店舗改装中で買えず…急遽訪問してみたリンガーハット。

立地抜群。キレイな店内。日本語堪能なホールスタッフによる気持ちのよいサービスで日本の味が楽しめます!

ラストオーダーも遅めなので、飲み会の帰りなど、小腹が空いたときにもおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です