スポンサードリンク



【バンコク】女子旅にも最適。プロンポン駅近おしゃれすぎるゲストハウスOneday Hostel Sukhumvit 26(ワンデイホステルスクンビット26)に泊まってみました。恋しました。

スポンサードリンク







バンコクからこんにちは、Yuka(@yuka_bkk)です。

突然、バンコクのゲストハウスに泊まりたくなったんです。それも、なるべく新しくて、清潔で、オシャレなゲストハウス限定で。

バックパッカー経験がない私は「ゲストハウス?ドミトリー?南京虫に噛まれて痒くて耐えられなくなるやつですよね?ゲストハウススタッフや他の旅行客に荷物盗まれたりするやつですよね?」みたいなチープな考えしかなかったのですが、どうやらバンコクのゲストハウスにはなんかすごいのがあるらしい、と聞いてから気になってしまって。

プロンポン駅徒歩3分のコンドミニアムに部屋がある私がわざわざバンコク市内のゲストハウスに泊まる理由、それは単なる好奇心を満たすための自己満足でしかないのですが、せっかくなので今後バンコク女子旅を考えている方、「未経験だけど、綺麗なドミトリーってどんな感じなのかなあ?」と気になっている方の参考になればいいなと思って。

ということで、体当たりゲストハウス宿泊レボシリーズ第1弾!

BTSプロンポン駅近くの『Oneday Hostel Sukhumvit 26(ワンデイホステルスクンビット26)』に宿泊してきたので、ご紹介します!



参考:Booking.comでOneday Hostel Sukhumvit26を見てみる

愛さずにはいられない!Oneday Hostel Sukhumvit 26(ワンデイホステルスクンビット26)

Sukhumvit soi26側から、カフェ、コワーキングスペース、ホステルの順番に並んでいます

Oneday Hostel Sukhumvit26(ホステル)

フロントデスク

チェックイン時に、ルームキー(裏側にWi-Fiパスワード記載)とブランケット、バスタオルが渡されます。デポジットは100THB。(チェックアウト時に返金されます)

ブランケット、バスタオル、キー

チェックインを済ませたら、いざお部屋に!

階段を上がったら、靴を脱ぎます

シューズボックス(デポジットは100THB)

一応、シューズボックスはあるのですが・・・

使っているゲストを見たことがありません。みんなここで脱いで、並べています。

清掃スタッフが綺麗に並べてくれた直後

長い廊下。ワックスのせいでフロアがかなり滑りやすいのでご注意を。

ドミトリー(男女共用6人部屋の例)

Oneday Hostel Sukhumvit26には、男女共用/男女別ドミトリーの他に、個室もあります。今回は、男女共用ドミトリー(6人部屋)をご紹介します。

男性バックパッカーの荷物が散乱していました

大型ロッカー。南京錠は持参する必要があります。

綺麗にベッドメイキングされています。長身男性にはちょっと短いかも?平均的な身長の女性には十分だと思います。

枕元にはベッドランプと貴重品入れ。かわいい。

バスルーム

続いて、バスルームをご紹介します。

かわいい。

近寄ってみたら。

やっぱりかわいい。ここがバスルームの入口。男女別になっています。

女性用のバスルームは、こんな感じ。

女性用バスルーム

私物も堂々とかけられています。椅子の前に全身ミラーがあるので、座ってドライヤーがかけられます。

窓際にもゲストの私物がいっぱい。着替え用の個室が2つあります。

お気に入りポイント『女優ミラー』

時間帯によって、洗面台が水でビシャビシャになっている時もありますが、定期的に清掃スタッフがお掃除してくれているので、基本的には綺麗に保たれています。

トイレとシャワー

手前の左右4個室がトイレ、奥がシャワーです

ホットシャワー。水量も問題なし!

備え付けのシャンプー&ボディーソープ

ランドリー

30THB/回。アイロン台もありました。

1階ロビーフロア

窓が大きく、お天気がいい日は日差しが差し込んで気持ちいいです。

キッチン&ダイニングスペース

ラップトップで作業しているゲストも。自然とコミュニケーションが生まれます。蚊も参加します。

無料のコーヒーや紅茶

自炊用家電も充実

炊飯器まで!

冷蔵庫内にドリアンはだめですって

無料のブレックファーストメニューは?

朝食付きと書いてありましたが、はたしてその内容は?気になりますよね。

12時まで!

フロントデスクでクーポンをもらいました

無料の朝食がいただけるのはホステルスペースを出て、隣のコワーキングスペースを通りすぎたカフェ『TAPROOM』です。

カフェ『TAPROOM』

通常のレストランとしても営業しています。奥さま達が歓談中。

ホステルゲスト用のオレンジジュース、お水、コーヒーや紅茶

気になるブレックファーストの内容は・・・

目玉焼きを選びました

450THB(約1,600円)の宿泊費でこの朝食! いかがでしょうか?

(おまけ)『ONEDAY at a time』でも、ブレックファーストしてみました

ゲストハウスOneday Hostel Sukhumvit26の並び、ソイ26に面したカフェが『ONEDAY at a time』。こちらでは、有料ですがブレックファーストメニューが提供されています。初めてホステルに宿泊した翌朝、上記の無料ブレックファーストに全く期待していなかったので(ごめんなさい)、このカフェで食事をしてみました。

ブレックファーストメニュー

注意点は、レジでオーダー&お会計のスタイルということ。私は着席してのんびり待っていたのでメニューも全然出てこず、レジでおしゃべりしているタイ人スタッフ達を呼んでみるも笑顔を向けられるだけ。「タイあるある」だと思って待ってたのですが、これじゃ永遠に食べられないですよね(笑)

レジでオーダーします

窓が大きくて日差しが気持ちいいです。テーブルも広めで作業が捗ります。

エッグベネディクト 220THB(約760円)

フリーWi-Fiも飛んでいて、テーブルが広く、お客さんが少なくて、店内には蚊がいない(これ重要!)ので、ホステルに宿泊しなくても作業用のカフェとしておすすめです。

完全な独断と偏見! Oneday Hostel Sukhumvit 26の好きなところ、ちょっと苦手なところ

大好きなところ

  • 愛しのプロンポンエリア!(プロンポン駅からゲストハウスへの道は、夜でも明るく治安がいい)
  • フォトジェニックなインテリア!ついつい写真撮りたくなってしまいます。
  • ホステル内、ベッドシーツ、そして水回りが綺麗!
  • セキュリティも万全!(外部から宿泊エリアへのドアと、客室内のドアそれぞれセキュリティーカードがないと入れないシステムなので安心)
  • 無料の朝食が(想像以上に)豪華!
  • 客層が良い!(ドミトリーとしては少し高額な料金価格帯なので、客層が良い印象があります。でも貴重品の管理はきをつけてくださいね)

ちょっと苦手なところ

  • キッチン&ダイニングスペースに蚊がいること(Gは見かけたことはありません!

Oneday Hostel Sukhumvit 26(ワンデイホステルスクンビット26)の場所と行き方




最寄駅はBTSプロンポン(Phrom Phong)駅。スクンビット通りを背に、ソイ26をまっすぐ進みます。プロンポン駅からゆっくり歩いて徒歩8分くらい。左手に看板が見えます。

住所:51 Sukhumvit 26 Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110

TEL:+66 (0) 2108 8855

宿泊費(ドミトリー):1泊 450THB(約1,600円、朝食付き)〜

参考:Booking.comでOneday Hostel Sukhumvit26を見てみる

さいごに

思い出すだけでうっとり。完全に恋しちゃいました、Oneday Hostel Sukhumvit26に。またすぐ会いに(泊まりに)行くからね!

参考:Booking.comでOneday Hostel Sukhumvit26を見てみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yuka

日本の大学を卒業後、新卒で海外就職。 単身インドネシア(ジャカルタ)に渡り、ベトナム(ホーチミン)を経て、現在はタイ(バンコク)在住。 美味しい和食と、お湯たっぷりのバスタブのある暮らし。 『日本的』な海外生活を満喫中。