スポンサードリンク



【バンコク】ホックフカヒレレストラン(Hock Shark-Fins Restaurant)@スラウォンでランチ。昼からフカヒレ食べてビール飲んでマッサージに行けば、たいていの悩みはどうでもよくなる気がしました。

スポンサードリンク







バンコクからこんにちは、Yuka(@yuka_bkk)です。

とある休日の朝。

「オレ、今日フカヒレ食べたい気分。え?Yuka、バンコクに2年近く住んでるのにホックフカヒレレストラン行ったことないの?」

と言われて(呆れられて?)、やってきましたサラデーン・スラウォン通り。

「バンコクでフカヒレと言えばここ!」のホックフカヒレレストラン(Hock Shark-Fins Restaurant)、遅ればせながらデビューです。

ホックフカヒレレストラン(Hock Shark-Fins Restaurant)の場所と行き方

スラウォン通り沿いの路面店。BTSサラデーン(Sala Daeng)駅からも徒歩で行ける距離です。

記事後半のGoogle Mapを見ていただければ迷うことはないであろう、わかりやすい立地ですが、意外と小さな店舗なので見逃さないようにご注意くださいね。

店舗外観。外からも厨房が見えます。

ガラス張りの厨房を右に見ながら店内奥に進むと、階段とエレベーターがあります。エレベーターは、料理を運ぶ店員さんと同乗します。狭いエレベーター内でぐつぐつ煮えたぎる土鍋と隣り合うのはかなりスリリング。

2階席。他のお客さんが映らないように撮影したのですが、実際はこの2倍ほどの広さがあります。

ホック(福)フカヒレレストランのおすすめメニュー

メニューは多言語対応。日本語メニューを出してもらえてよかったです。(私1人だったら絶対にタイ語か英語メニューだったはず笑)

セットA(普通サイズ):699THB(約2,500円)

こちらもセットA(大盛りサイズ):859THB(約3,000円)

遅めの朝食の後だったので、私達は2人でセットA(黄色のメニューのほう)を1つオーダーして、シェアしました。このようなオーダーのお客さんも多いみたいです。それにしても、どっちもセットA…わかりづらい(笑)

1. フカヒレスープ。スープがぐつぐつ煮えたぎっています。

2. 海老の卵カレー炒め、3. フカヒレの炒め物、4. 季節の野菜にんにく炒め(今回は、空芯菜炒め)

今回、一番興奮したのがこの『5. アワビご飯』

最初に出てきた『1. フカヒレスープ』にご飯とアワビ(椎茸じゃない)が入ったお粥のようなメニューです。セットメニュー1番めのフカヒレスープを一口食べた瞬間に「あぁ、今すぐ白いご飯が欲しい!」と思ったのですが、このタイミングで叶えられました!

ぐつぐつ煮立った土鍋が運ばれてきてすぐ食べてももちろん美味しいのですが、少し待って、ご飯がスープを吸った頃に食べるとさらに美味♡

5. アワビご飯。椎茸だと思っていました(笑)

6. 季節の果物の杏仁豆腐。昔ながらの、硬めの寒天タイプ。

男性でもあまりお腹が空いてない場合や、女性同士の場合は、黄色メニュー(859THB)をシェアすれば十分お腹いっぱいになると思います。

正直、フカヒレ自体は「うーん」という感じですが、このスープ!

例えるなら、濃厚豚骨ラーメンのスープ

ラーメン屋さんで「このスープ飲み干したい!でもカロリーすごいからだめだめ」と理性でストップかけているものが、ここでは全部飲める…そんな感じです(笑)

Hock Shark-Fins Restaurantの店舗詳細

住所:167/2 Thanon Surawong, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500

TEL:02 634 4203

営業時間:10 a.m. – 11 p.m.

さいごに

休日のランチタイムにホックフカヒレレストランでビールとフカヒレを堪能した後は、ちょっと歩いて「有馬温泉」のマッサージで爆睡、なんていかがでしょうか?大抵の悩みはどうでもよくなること請け合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です